ウラジーミル・ノロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウラジーミル・ノロフVladimir Imanovich Norov1955年8月31日 -)は、ウズベキスタンの政治家、内務官僚、外交官。外務相。

経歴[編集]

ブハラ州出身。1976年、ブハラ国立教育大学を卒業。

  • 1978年~1982年 - ブハラ州執行委員会内務局刑事捜索監察官
  • 1982年~1983年 - ブハラ市テクスチリシク地区内務課刑事捜索課長
  • 1983年~1985年 - ソ連内務省アカデミーの聴講生
  • 1985年~1988年 - ブハラ州内務局監察課副課長
  • 1988年~1990年 - ソ連内務省アカデミー大学院生
  • 1990年~1992年 - ブハラ州内務局刑事捜索局長
  • 1992年~1995年 - 大統領府行政・法務問題担当専門官、顧問
  • 1995年~1996年 - 内務次官、内務第一次官
  • 1996年~1998年 - 大統領国家顧問
  • 1998年~2003年 - 駐独非常全権大使
  • 2003年~2004年12月29日 - 外務第一次官
  • 2004年12月29日 - 駐ベルギー非常全権大使

2010年3月、外務相に任命。

パーソナル[編集]

妻帯、3児を有する。法学科学準博士。

外部リンク[編集]

先代:
エリョール・ガニエフ
外務相
2010年 -
次代:
-