ウラジーミルの生神女大聖堂 (サンクトペテルブルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミルの生神女大聖堂

ウラジーミルの生神女大聖堂( - しょうしんじょだいせいどう、ロシア語: Собор Владимирской иконы Божией Матери, 英語: Vladimirskaya Church)は、ロシア連邦サンクトペテルブルクのプロスペクト通り20番にある、ロシア正教会大聖堂ウラジーミルの生神女を記憶している。

現在の5つのドームがある教会は、ウラジミルスキー市場の隣に1761年から1769年の間に建てられた。教会のデザインはピエトロ・アントニオ・トレッジーニПьетро Антонио Трези́ни)にしばしば帰されており、バロック新古典主義にまたがったデザインであるとされる。離れて建てられた鐘楼は円熟した新古典主義の傑作であり、1791年クワレンギQuarenghi)のデザインにより建てられた。前廊、小聖堂、フェンス、ほか外部の建造物群は、19世紀に加えられた。

教会内部の特徴としては、アニチコフ宮殿(Аничков дворец)の小聖堂から1808年に運ばれた、バロック式の精緻なイコノスタスが挙げられる。

1888年に行われたルーシ受洗900年祭で、聖堂は修復を受けた。過去最も有名な所属信徒の一人としてフョードル・ドストエフスキーがいる。

無神論を掲げるソ連にあって、教会は1932年に閉鎖されたが、1989年に教会として回復された。2000年に、それまで聖堂(церковь)であった教会は、大聖堂Собор)として位置づけられた。大聖堂はウラジーミル・プロスペクト通りと、ウラジーミル広場の名の元にもなった。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

座標: 北緯59度55分42秒 東経30度20分54秒 / 北緯59.9282度 東経30.3484度 / 59.9282; 30.3484