ウム・アル=ラサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ウム・アル=ラサス
ヨルダン
Umm Rasas House ruins.JPG
英名 Um er-Rasas (Kastrom Mefa'a)
仏名 Um er-Rasas (Kastrom Mefa’a)
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (4), (6)
登録年 2004年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ウム・アル=ラサスの位置
使用方法表示

ウム・アル=ラサスは、ヨルダンにある遺跡。ラサス地域の遺跡とも訳される。2004年ユネスコ世界遺産(文化遺産)へ登録。

概要[編集]

ウム・アル=ラサスは、ローマ帝国の占領時からイスラム教の王朝が支配した3世紀末から9世紀に都市を形成していたと考えられる。最初は、ローマ軍の軍事基地であったといわれている。ローマ時代のキリスト教会跡がいくつか残る。中でも聖スティーヴン教会の正方形をした塔と内部にすばらしいモザイクの床が残っている。ウム・アル=ラサスの発掘はほとんど行われていない。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

モザイク ギャラリー[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ヨルダンの世界遺産
World Heritage Sites in Jordan

文化遺産
ペトラ | アムラ城 | ウム・アル=ラサス
文化遺産(※エルサレム)
エルサレムの旧市街とその城壁群
複合遺産
ワディ・ルム保護地域
世界遺産 | アジアの世界遺産 | ヨルダンの世界遺産 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ヨルダンの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯31度30分2秒 東経35度55分15秒 / 北緯31.50056度 東経35.92083度 / 31.50056; 35.92083