ウミケムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウミケムシ科
Chloeia flava.jpg
Chloeia flava
分類
: 動物界 Animalia
: 環形動物門 Annelida
: 多毛綱 Polychaeta
: ウミケムシ目 Amphinomida
: ウミケムシ科 Amphinomidae
Savigny1818
学名
Chloeia flava
和名
ウミケムシ(海毛虫)
英名
Fireworm
種属
本文参照

ウミケムシ(海毛虫)とは環形動物門ウミケムシ科に属する生物の総称である。ゴカイと同じ多毛類である。日本では特にChloeia flavaをウミケムシと称することが多い。この他、ハナオレウミケムシ、セスジウミケムシ、セナジリウミケムシなどが知られている。本項では主にChloeia flavaについて解説する。

形態[編集]

体の側部に体毛を持ち、警戒すると毛を立てる。この体毛が毒針となっており、人でも素手で触れると刺されることがある。刺さると毒が注入される構造なので、毒針を抜いても毒は残る[1]。刺された際にはセロハンテープ等で毒針をそっと取り除き、流水で洗い流す[2]

生態[編集]

Chloeia flavaは本州中部以南、太平洋南西部、インド洋に分布する[3]。比較的暖かい海を好み、京都府の宮津湾辺りにも多い。山形県で発見された例もある[4]

海底の砂の中に潜っていることが多く、頭部のみを砂上にのぞかせていることもある[5]。夜は海中を泳ぐ[2]。泳ぐ速度は比較的速い。肉食であり、オキアミ程度の大きさであれば丸飲みすることもできる[6]投げ釣りの際に外道としてかかることがある[7]。ただし捕食のために積極的に行動することは少なく、餌を時々動かせば掛からないことが多い。

その他[編集]

海中生物を飼育していると個体が偶然混入して、水槽内で大繁殖することがある。増殖速度が比較的速いため、完全駆除には時間がかかる[8]

種属[編集]

ウミケムシ科はかつて遊在目に分類されていたが[3]、今では見直しが行われている。研究者によっても異なり、ウミケムシ目とされることが多い。ウミケムシ科の生物は、100種以上が知られている。

  • Amphinome
    • Amphinome rostrata Pallas ササラウミケムシ
  • Bathychloeia
  • Benthoscolex
  • Chloiea
    • Chloeia flava Pallas ウミケムシ
    • Chloeia fusca McIntosh フタスジウミケムシ 
  • Chloenopsis
  • Eurythoe (it
    • Eurythoe complanata ハナオレウミケムシ
  • HermodiceVermocane
    • Hermodice carunculata (it
  • Hipponoe
  • Linopherus
  • Notopygos
    • Notopygos gigas Horst セナジリウミケムシ
    • Notopygos sibogae Horst カノコウミケムシ
  • Paramphinome
  • Pareurythoe
    • Pareurythoe japonica Gustafson ニホンウミケムシ
  • Pherecardia
    • Pherecardia striata Kinberg タテジマウミケムシ
  • Pseudoeurythoe

ギャラリー[編集]

注釈、出典[編集]

  1. ^ 串本海中公園のホームページ危険な生き物解説-ウミケムシ
  2. ^ a b 自然体験活動QQレスキュー隊ウミケムシ
  3. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目電子辞書版(c)2006, Britannica Japan Co.,Ltd.
  4. ^ 庄内ニュースフラッシュ 南の海から北上か 「ウミケムシ」 釣れる
  5. ^ 下関海洋科学アカデミー ウミケムシ
  6. ^ 動物行動の映像データベース 冷凍のオキアミを飲み込むウミケムシ
  7. ^ 京都府 丹後の海の生き物(ウミケムシ)
  8. ^ 海水魚のコトとほかのコト ウミケムシの罠

外部リンク[編集]