ウベア島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウベア島の地図

ウベア島(Uvea、英語ではウォリスWallis島)は、フランスウォリス=フツナの島。ウォリス=フツナで最も大きく人口も多いため、島の都マタウトゥには同海外領の首都が置かれている。

ウベア島は面積77.5km²、周囲50km。島の最高点は131mのロカ山である。島内にはいくつかの湖があるが、これは火山起源のものであり、ラロラロ湖のようにほぼ完全な円形と垂直な崖を持っている。ウベア島はウォリス=フツナのもう一方であるフトゥナ島及びアロフィ島から北東に240km離れている。ウベア島の周りには環礁が広がっており、15の小島が浮かんでいて、ウベア諸島を形成している。

考古学的な調査によれば、ウベア島には1400年ごろには人類が住んでいた。13世紀から16世紀ごろまではトンガ大首長国の一部だったが、やがてツイ・トンガの影響力は弱まり、ウベア独自の王朝が成立した。ウベア島は1767年8月16日コーンウォール人の探検家サミュエル・ウォリスによって「発見」され、この島はウォリス島と名づけられた。

1842年4月5日、ウォリス政府はフランスの保護を要請し、1887年4月にフランスはこの地を保護領とした[1]。1959年の国民投票により、1961年にウベア島はフランスの海外領となった。

ウベア島の人口は10,071人(2003年)で、住民のほとんどはウベア語を話す。住民のほとんどはローマ・カトリックを信仰する。主都は東海岸のマタウトゥ。ウベア島は西のヒヒフォ、東のハハケ、南のムッアの3地区に分かれている。

ウベア島北部のヒヒフォ空港へはエア・カレドニア・インターナショナルが定期便を運行しており、マタウトゥにオフィスがある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯13度16分 西経176度12分 / 南緯13.267度 西経176.200度 / -13.267; -176.200