ウプサラ中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウプサラ中央駅
駅外観
駅外観
Uppsala
所在地 スウェーデンの旗 スウェーデン ウプサラ北緯59度51分30.7秒 東経17度38分46.2秒 / 北緯59.858528度 東経17.646167度 / 59.858528; 17.646167
管理者 Jernhusen
駅構造 地上駅
開業年月日 1866年9月20日

ウプサラ中央駅(スウェーデン語: Uppsala centralstation)はスウェーデンウプサラにある鉄道駅である。南側のストックホルムから北側のイェブレ(Gävle)やスンツヴァルへ向かうSJ ABの東海岸線(Ostkusbanan)上にあり、X2000などの都市間列車が結んでいる。また、SJ ABのローカル列車やウプランズ・ロカールトラフィーク(Upplands Lokaltrafik's)の列車(Upptåget)がストックホルム・アーランダ空港とを結んでいる。 駅前はウプサランズ・ロカールトラフィークが運営する路線バスバスターミナルになっており、駅周辺部は駐輪スペースがある。2005年から2011年にかけてウプサラ中央駅は改修工事が行われており、旅行センターの設置やバス乗り場の改良、広場や駐車場の整備がされる予定である。1927年までUpsalaと呼称されていた。