ウネーチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯52度50分46秒 東経32度40分36秒 / 北緯52.84611度 東経32.67667度 / 52.84611; 32.67667

ウネーチャの市章

ウネーチャ(ウネチャ、: Уне́ча: Unecha)は、ロシア西部のブリャンスク州西部にある都市。ソジ川の支流イプチ川Ипуть)へと流れる、さらに支流のウネチャ川に沿う。州都ブリャンスクからは南西140キロメートル。人口は2002年国勢調査で29,039人。1989年ソ連国勢調査では28,583人であった。

歴史[編集]

ウネーチャ川沿いに同名の村ができたのは1672年のことであった。

1887年に近くにブリャンスクホメリ間の鉄道が開通し、それに合わせて鉄道駅周辺に集落ができ始めた。1930年には南北に伸びる支線も開通したことにより、鉄道の交点の町として大きくなった。1940年8月16日に市の地位を得ている。

第二次世界大戦独ソ戦)では1941年8月17日ドイツ国防軍に占領されたが、1943年9月23日にブリャンスク攻勢を進める赤軍ブリャンスク戦線により奪還された。

文化[編集]

市内には歴史民俗博物館がある。

産業と交通[編集]

ウネーチャには電機工業のほか、食品加工業や建材工業、鉄道関係の工場が立地する。

1887年に開通したブリャンスクホメリブレスト間の鉄道が通り、東西にロシア西部とベラルーシ南部を結ぶ。さらに1931年に開業したヴォルシャ(ベラルーシ)=クリチャウ(ベラルーシ)=スラージ=ウネーチャ間の鉄道が交差し、ウネーチャの北のベラルーシと南のウクライナとを結んでいる。この南北の支線は、ベラルーシがロシアと別の国になったこともあり一部では列車が通っていない。

ブリャンスクからポーチェプ・ウネーチャ・クリンツィノヴォズィプコフを通ってベラルーシ国境へ伸びるM13幹線道路が通っている。

外部リンク[編集]