ウニコ・ヴィルヘルム・ファン・ヴァッセナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファン・ヴァッセナール伯爵

ユニコ・ヴィルヘルム・ファン・ヴァッセナール・オブダム伯爵Unico Wilhelm rijksgraaf van Wassenaer Obdam, 1692年11月2日ネーデルラント連邦共和国デルデンDelden - 1766年11月9日デン・ハーグ)は、オランダ貴族・アマチュア作曲家。その作品《コンチェルト・アルモニコ》は、最近まで誤ってジョヴァンニ・ペルゴレージ作曲と伝えられてきた。

オランダの軍人ヤコブ・ファン・ヴァッセナール・オブダムJacob van Wassenaer Obdam)の子としてデルデンで生まれた。同名の祖父ヤコブ・ファン・ヴァッセナール・オブダムJacob van Wassenaer Obdam)も軍人で八十年戦争英蘭戦争を戦い抜いた。

ライデン法学などを学び、1723年に貴族の女性と結婚し、3人の子をもうけた。1725年から1740年の間に《コンチェルト・アルモニコ》を作曲するが、貴族であったため、自らの名を冠して出版することを望まなかった。あるいは、自らの作曲能力を疑っていたのかもしれない。結局この作品は、1740年イタリアヴァイオリニストカルロ・リッチョッティCarlo Ricciotti1681年 - 1756年)によって出版されたので、当初はリッチョッティが作曲者と看做された。

19世紀ポーランドの作曲家フランソワ・レッセル(Franciszek Lessel)によって、このコンチェルトはペルゴレージ作曲であるとされた。それというのも、イタリア様式のコンチェルトで、ヴェネツィア楽派の三楽章コンチェルトではなく、ローマ楽派に典型的な四楽章コンチェルトで構成されており、ピエトロ・ロカテッリなどの比較になるからというのであった。

しかしながら1979年に、《コンチェルト・アルモニコ》の6曲の自筆譜がトヴィッケル城(Twickel)の公文書館で発見された。トヴィッケル城はファン・ヴァッセナール伯爵の生地である。タイトルには「'Concerti Armonici'」の表記があった。その筆跡はヴァッセナール本人のものではなかったものの、自筆でフランス語による前書き(「リッチョッティ氏によって出版された拙作の譜面"Partition de mes concerts gravez par le Sr. Ricciotti" 」)が書かれてあった。その後アルベルト・デュニング(Albert Dunning)の調査によって、《コンチェルト・アルモニコ》が間違いなくファン・ヴァッセナールの作品であることが明らかにされた。

コンチェルト・アルモニコ[編集]

ヴァイオリン4部、ヴィオラ、チェロ、通奏低音による協奏曲、1740年、リッチョッティによって出版。

  • 第1番 ト長調
  • 第2番 ト長調
  • 第3番 イ長調
  • 第4番 ヘ短調
  • 第5番 変ホ長調
  • 第6番 変ロ長調

関連項目[編集]

外部リンク[編集]