ウド・フォークト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウド・ヴォイトから転送)
移動: 案内検索
2006年NPD党大会でのフォークト
著名な白人至上主義者であるデービッド・デュークとともに

ウド・フォークトUdo Voigt, ドイツ語発音: [ˈuːdo foːkt], 1952年4月14日 - )は、ドイツの政治家。ドイツ国家民主党(NPD)の第5代党首(在任: 1996年 - 2011年)。ノルトライン=ヴェストファーレン州出身。

1995年に逮捕され、2000年まで刑務所で服役していたギュンター・デッカートの後任として選出された。NPDはいくつかの主要メディアや政敵から事実上のネオナチ組織だとして、非難されている。フォークトの在任中、ドイツの連邦裁判所は憲法秩序に対する脅威だとして活動禁止を試みたが、証拠不十分のため失敗した。

第二次世界大戦中に連合国が行ったドレスデン爆撃について、「爆弾によるホロコーストだ」と主張している。

2008年3月13日、少なくとも2度目の民衆扇動罪(最高で禁固5年)で起訴された。

外部リンク[編集]

先代:
ギュンター・デッカート
ドイツ国家民主党党首
第5代: 1996-2011
次代:
ホルガー・アプフェル