ウツボカズラ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウツボカズラ目
クロンキスト体系
Nepenthes-rafflesiana0.web.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ウツボカズラ目 Nepenthales
学名
Nepenthales
Dumort. (1829)

本文参照

ウツボカズラ目 (Nepenthales) は被子植物のひとつで、ウツボカズラ科タイプ科とするもの。食虫植物の科からなる小さなタクソンである。

分類[編集]

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではビワモドキ亜綱に入れ、3科を含める。

被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnolliopsida
ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
ウツボカズラ目 Nepenthales

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系でも同じ3科を含める。

被子植物門 Angiospermae
双子葉植物綱 Dicotyledoneae
古生花被亜綱(≒離弁花類Archichlamydeae
ウツボカズラ目 Nepenthales
  • サラセニア科 Sarraceniaceae
  • ウツボカズラ科 Nepenthaceae
  • モウセンゴケ科 Droseraceae

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系ではウツボカズラ科とモウセンゴケ科がナデシコ目に入っているためこの名称は使わない。サラセニア科はツツジ目に属している。