ウタマ・リアウ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウタマ・リアウ・スタジアム
施設情報
所在地 インドネシアの旗 リアウ州プカンバル
位置 北緯0度32分59秒 東経101度26分46秒 / 北緯0.549724度 東経101.445986度 / 0.549724; 101.445986座標: 北緯0度32分59秒 東経101度26分46秒 / 北緯0.549724度 東経101.445986度 / 0.549724; 101.445986
開場 2012年
所有者 リアウ州政府
運用者 リアウ州政府
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105m×68m
使用チーム、大会
AFC U-22アジアカップ2013予選
収容能力
43,923人

ウタマ・リアウ・スタジアムインドネシア語: Stadion Utama Riau英語: Riau Main Stadium)は、インドネシアリアウ州プカンバルにある多目的スタジアムである。

概要[編集]

2012年7月に設立される予定となっている。収容人数は43,923人[1]。主にサッカーの試合に用いられる。

また、2012年7月にはAFC U-22アジアカップ2013予選グループEの会場となる他、2012年9月にはインドネシアの国民体育大会であるペカン・オラフラガ・ナシオナル(略称:PON)において、カハルディン・ナスティオン・スポーツセンター・スタジアムと共にサッカー競技の会場として用いられる予定だったが中止になっている[2]。2013年にはイスラム国家間の競技大会であるイスラム諸国連合競技大会英語版の会場としても用いられる予定である。

交通アクセス[編集]

プカンバルの中心街からは少し北に外れたところにある。スルタン・シャリーフ・カシム2世国際空港英語版よりタクシーで約25分。

脚注[編集]

  1. ^ worldstadiums.com
  2. ^ Stadion Utama Riau Dibongkar, PON XVIII Terancam (インドネシア語) sport.detik.com、2012年6月24日掲載、2012年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]