ウタパオ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウタパオ国際空港
ท่าอากาศยานนานาชาติอู่ตะเภา ระยอง พัทยา
U-Tapao International Airport
U-Tapao International Airport ATC Tower.jpg
ウタパオ国際空港

IATA: UTPICAO: VTBU

ウタパオ国際空港の位置(タイ内)
UTP/VTBU
UTP/VTBU
バンコク
バンコク
ウタパオ国際空港の位置
概要
空港種別 官民共用
運営者 政府
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
ラヨーン県バーンチャーン郡
標高 42 ft / 13 m
座標 北緯12度40分47秒 東経101度00分18秒 / 北緯12.67972度 東経101.00500度 / 12.67972; 101.00500座標: 北緯12度40分47秒 東経101度00分18秒 / 北緯12.67972度 東経101.00500度 / 12.67972; 101.00500
滑走路
方向 全長 表面
m ft
18/36 3,505 11,500 舗装
Source: DAFIF[1][2]

ウタパオ国際空港(ウタパオこくさいくうこう、タイ語:ท่าอากาศยานนานาชาติอู่ตะเภา ระยอง พัทยา、英語:U TAPAO International Airport)とは、タイラヨーン県バーンチャーン郡にある国際空港である。国際的なリゾート地、パッタヤー特別市の近くにある。

歴史[編集]

ウタパオは、ベトナム戦争の期間中、アメリカ軍の重要な作戦基地であり、B-52爆撃機KC-135空中給油機が駐留していた。アメリカ軍の保養地として、近隣のパッタヤーの開発が進んだ。

現在でも、タイ海軍航空隊、アメリカ軍の基地として利用されている。空港の入り口には軍の検問所があり空港利用者以外の立ち入りには身分証の提示が必要。 空港内には官民両用の空港らしくAV-8ハリアーなどを見ることができる。

民間航空会社による定期便の他、国際チャーター便、貨物便の離着陸もある。

2008年11月から12月にかけてタイ・バンコクで発生した反政府勢力によるバンコク国際空港などの封鎖の際、代替空港として使用された。

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線

航空会社 就航地
タイ王国の旗 バンコク・エアウェイズ サムイ空港(サムイ島)、プーケット国際空港(プーケット)
タイ王国の旗 カン・エア ウドーンターニー国際空港ウドーンターニー県)、ウボンラーチャターニー空港ウボンラーチャターニー県)、コーンケン空港コーンケン県)、チェンマイ国際空港チエンマイ県)、ハートヤイ国際空港ソンクラー県)、ホアヒン空港プラチュワップキーリーカン県

脚注[編集]

  1. ^ VTBUの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ) 出典:DAFIF.
  2. ^ UTPの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF.

外部リンク[編集]