ウスマシンタ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウスマシンタ川
ウスマシンタ川 2004年8月18日撮影
延長 800 km
水源の標高 -- m
平均流量 900 /s
流域面積 106,000 km²
水源 ペテン地方(グアテマラ
河口・合流先 グリハルバ川メキシコ
流域 グアテマラの旗 グアテマラ
メキシコの旗 メキシコ
テンプレートを表示

ウスマシンタ川スペイン語: Río Usumacinta)は、グアテマラおよびメキシコを流れる中央アメリカ最大のである。

グアテマラのペテン地方を主な水源とし北に流れ、下流でグリハルバ川合流する。流路の一部はグアテマラとメキシコの自然国境となっている。流域には南北アメリカ大陸最北の熱帯雨林が広がり、湿原ラグーンにも恵まれる生物多様性の豊かな地域である。Parque Nacional Laguna del Tigre(グアテマラペテン県)とReserva de la Biosfera Pantanos de Centla(メキシコタバスコ州)がラムサール条約に登録されている。河岸にはヤシュチランピエドラス・ネグラスなどのマヤ文明の遺跡が見られる。近年、森林の伐採、道路の建設、油田の開発による自然破壊の進行が危惧されている。

支流[編集]