ウジダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウジダ(Oujda)は、モロッコの都市。人口約50万人。オリエンタル州の州都であり、モロッコ東部の中心都市である。

モロッコ最東端の都市であり、アルジェリア国境とは15kmしか離れていない。アトラス山中に位置しており、地中海からは60km離れている。標高550m。

ウジダ近郊には肥沃な農地が広がり、オリーブブドウなどの果樹栽培とその集散地として栄えている。また、アルジェリアとの国境に近いため貿易も盛んである。フェズカサブランカを通ってマラケシュまで向かう鉄道の起点であり、南にもサハラ砂漠の中のブアルファまで路線が延びている。また、国境を越えてアルジェリアのトレムセンへ向かう道路も通じている。空港もある。

ウジダは944年、ゼナタ族の族長であるジリ・イブン・アティアによって建設された。1070年にムラービト朝の支配下に入り、その後マリーン朝オスマン帝国、アラウィー朝(現モロッコ王朝)、フランスと支配者が変わった。

姉妹都市[編集]