ウジェーヌ・ルフェーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1909年のランスでのルフェーブル

ウジェーヌ・ルフェーブルEugène Lefebvre1878年 - 1909年9月7日)はフランスのパイロットであり、いわゆる「飛行機」(グライダーや飛行船を除く)を自ら操縦して事故で死亡した最初のパイロットである。飛行機の事故で死亡した人物としては1908年にオーヴィル・ライトの操縦する飛行機に同乗していたトーマス・セルフリッジがいる。

フランスに作られたライト兄弟の会社のチーフ・パイロットとなり、1909年8月22日のランスで行なわれたゴードン・ベネット・カップ にフランスのパイロットとしてはルイ・ブレリオとともに出場した。ライト・フライヤーで参加したルフェーブルは予選では好成績をあげたが、レースではグレン・カーチスに敗れた[1]

レースの9日後、ジュビジーで飛行機のテスト中20ftの高さから墜落して死亡した.[2] 。飛行機の事故で死亡した最初のパイロットとなった[3]

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.airracinghistory.freeola.com/Reims.htm
  2. ^ Howard, Fred. Wilbur and Orville, Courier Dover Publications, 1998, p. 318. ISBN 0486402975.
  3. ^ Crouch, Tom D. Wings: A History of Aviation from Kites to the Space Age, W. W. Norton & Company, 2003, p. 132. ISBN 0393057674