ウコン (サクラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウコン
鬱金
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosares
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Prunus
: サトザクラ P. lannesiana
品種 : ウコン Grandiflora
学名
Cerasus lannesiana 'Grandiflora'
A. Wagner[1]
シノニム

Cerasus serrulata 'Grandiflora'[2]

和名
ウコン(鬱金)

ウコン鬱金)は、サクラ栽培品種である。開花時期はソメイヨシノより遅めの4月中旬頃(東京)[2]

花弁に葉緑体をもつなど性質はギョイコウ(御衣黄)に似ているが、色は緑色が弱く淡黄色である。数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラである。花弁数が15~20枚程度の大輪の八重咲きである。また、ギョイコウのように花弁は厚くなく、気孔もない。

名前は、ショウガ科ウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来し、それらと混同されないよう「鬱金桜」あるいは「鬱金の桜」と呼ばれることもある。また、別名として「黄桜」「浅葱桜(浅黄桜)」などがあるが、これらの別称はギョイコウを指すこともあり、また、ウコンやギョイコウとは別の一品種とされることもある[要出典]。ウコンの花は日本国外でも人気が高い[3]

出典[編集]

  1. ^ 勝本俊雄 『日本の桜 増補改訂版』 学習研究社、2009年、ISBN 978-4-05-403796-0
  2. ^ a b 大場秀章・川崎哲也・田中秀明 『新日本の桜』 山と溪谷社、2007年、ISBN 978-4-635-06192-6
  3. ^ 大原隆明 『サクラハンドブック』 文一総合出版、2009年、ISBN 978-4-8299-0181-6

関連項目[編集]

  • ギョイコウ(御衣黄) - 緑色の花を咲かせる桜。性質はウコンに近い。
  • スマウラフゲンゾウ(須磨浦普賢象) - ウコンよりも濃い黄色の花を咲かせる桜。花弁数はウコンやギョイコウよりはるかに多い。