ウクライナ楯状地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  1. ウクライナ楯状地

ウクライナ楯状地(~たてじょうち;ウクライナ語Український щит英語Ukrainian Shield)は、ユーラシア大陸、東ヨーロッパ・クラトンの南西部に位置する楯状地である。ウクライナの北西部(ホールニ川)から南東部(アゾフ海)までに広がる先カンブリア紀(約45億年前 - 5.4億年前)に形成された古い岩盤。長さは約1,000km、最大の広さは250km。総合面積は約256,600 km2。最大の高さは海上347m(ブーフ川の上流)。花崗岩片麻岩珪岩砂岩などによって形成されている。ドニプロ台地(ザポリージャ高地とも)とアゾフ台地という2のブロック(台地)に分かれている。

参考文献[編集]

  • (日本語) 地質調査所月報, 第 36 巻、1985年‎。
  • (ロシア語) Метаморфическая дифференциация горных пород докембрия в зонах надвигов : на примере Гималаев и Украинского щита / Ю. В. Кононов, М. М. Кононова.- Киев: Наук. думка, 1987
  • (ロシア語) Системы разломов Украинского щита / К. Ф. Тяпкин, В. Н. Гонтаренко. - Киев: Наук. думка, 1990.

外部リンク[編集]