ウオルター・ビーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォルター・ビーチWalter Herschel Beech1891年1月30日 - 1950年11月29日)はビーチクラフトの設立者である。

少年時代から航空に興味をもっていたビーチは1914年にカーチス機で単独飛行をして、26歳の時にEmil Matthew (Matty) Lairdらが設立したLaird Aviation Co.(後のSwallow Airplane Mfg.)にテストパイロットとして雇われるが後にマネージャーになる。

1925年にビーチはロイド・ステアマンとクライド・セスナとトラベルエアー社を設立する。1929年にトラベル・エアはカーチス・ライトに買収され、ビーチは工場長になるが、1932年に独立してビーチ・エアクラフト・コーポレーションBeech Aircraft Company )を設立し自身の飛行機を製作、ビーチクラフトと名づけて販売した。テッド・ウェルス(Ted Wells)とモデル 17R スタッガーウィングを製作した。1947年にV型尾翼のボナンザを開発した。