ウォーレス・ジョン・エッカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォーレス・ジョン・エッカート(Wallace John Eckert、1902年6月19日1971年8月24日)はアメリカ合衆国天文学者コロンビア大学のトーマス・ジェファーソン天文計算局の所長を務め、科学技術計算の機械化に貢献した。

経歴[編集]

ピッツバーグで生まれた。1931年にイェール大学で天文学の博士号をえた。天文計算局の重要性を認識し、科学計算の応用の拡大のために人手を使わない計算の方法の意義に注目した。1940年にPunched Card Methods in Scientific Computationを出版した。これは天体の軌道の予測をするような科学計算をパンチカードを使ったIBMのタビュレーティングマシンを利用する方法を記したもので、索引を含めて136ページのものであった。コロンビア大学のトーマス・ジェファーソン天文計算局はIBMの社長トーマス・J・ワトソンの協力のもとに、天文力学の分野の微分方程式を解くために、タビュレーティングマシンの改良を行った。これらの技術は後に核兵器開発計画であるマンハッタン計画で広く計算に使用された。

1966年にジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダルを受賞した。小惑星(1750)エッカートに命名された。