ウォーレス・サージェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォーレス・レスリー・ウィリアム・サージェント(Wallace Leslie William Sargent, 1935年2月15日 - 2012年10月29日)は、イギリス生まれでアメリカ合衆国で活動した天文学者である。リンカンシャー州 Elsham生まれ。クェーサーのスペクトルの吸収線から140億光年離れた銀河の存在を発見した。

マンチェスター大学で流体力学を学んだ後、天文物理学に転じ1959年学位を得る。カリフォルニア工科大学グリニッジ天文台で研究したあと、1964年からカリフォルニア工科大学の助教授になり、1971年から教授となった。1997年から2000年までパロマー天文台の台長を務めた。

妻のアニーラ・サージェント(w:Anneila Sargent)も天文学者である。

2012年10月29日、死去[1]。77歳没。

外部リンク[編集]

賞・叙勲等[編集]

命名

  • 小惑星:(11758)Sargent

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Caltech Mourns the Passing of Wallace L. W. Sargent Caltech 2012年10月31日閲覧