ウォール・アウエ反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォール・アウエ反応(Wohl-Aue reaction)は、塩基性条件下で芳香族ニトロ化合物アニリンからフェナジンを合成する化学反応である[1][2]。この反応は、アルフレッド・ウォールとW・アウエによって命名された。例えば、ニトロベンゼンとアニリンとの反応がある。

ウール・アウエ反応

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Alfred Wohl and W. Aue (1901). “Über die Einwirkung von Nitrobenzol auf Anilin bei Gegenwart von Alkali”. Chemische Berichte 34: 2442-2450. doi:10.1002/cber.190103402183. 
  2. ^ Irwin J. Pachter and Milton C. Kloetzel (1951). “The Wohl-Aue Reaction. I. Structure of Benzo [a] phenazine Oxides and Syntheses of 1,6-Dimethoxyphenazine and 1,6-Dichlorophenazine”. J. Am. Chem. Soc. 73 (10): 4958 - 4961. doi:10.1021/ja01154a144.