ウォーターマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エールフランスコンコルド用に作られたペン

ウォーターマン (Waterman) は、世界で最初に毛細管現象を利用したペン先を開発し、それを万年筆に取り入れたメーカー。毛細管現象を利用したペン先はその後、万年筆の常識となり万年筆業界に革命を起こした。元はアメリカにあった。アメリカ法人は倒産したが、フランスでは存続しブランド名を受け継いだ。名前の由来はこの会社の創始者、ルイス・エドソン・ウォーターマンから来ている。フランス語読みに倣ってワテルマンと呼ばれる事もある。

なお、アメリカ法人が存在していた頃、同じく万年筆を扱う別のウォーターマン社がアメリカに存在していた。こちらのウォーターマンはアーナー・アレン・ウォーターマンが社名の由来で、L.E.ウォーターマンとは全くの別会社であり、通称「A.A.Waterman」と呼ばれ区別される。なお「A.A.ウォーターマン」の一部万年筆には、「Not connected with L.E.WATERMAN co.(L.E.ウォーターマンとは無関係です)」と刻印が入っている。尚、ポツダム宣言のサインにもウォーターマンの万年筆が使用された。


沿革[編集]

マンハッタンにあった工場

ニューヨークで保険外交員をしていたウォーターマンは、ある大口契約を取り交わす席で、万全を期して新品のペンを用意していた。ところがそのペンからインクが漏れ、重要な契約書を汚してしまう。ウォーターマンが大急ぎで新しい契約書を持って来たときには既に、ライバル会社と契約を結んだ後だった。この苦い経験が、ウォーターマンに毛細管現象を用いた万年筆を開発させたのである。その1号が「ザ・レギュラー」で、1883年に発売。他にも世界初、グリップ付のキャップを発売をするなどの実績もある。 現在はサンフォード社の傘下に入っている。(パーカーと同様)

営業[編集]

万年筆、シャープペンシルボールペン、その他文具の製造、発売。

外部リンク[編集]

Waterman (オフィシャルサイト)