ウォーエンブレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォーエンブレム
Requestpicture.JPG
英字表記 War Emblem
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛[1]
生誕 1999年2月20日(15歳)
死没 (現役種牡馬)
Our Emblem
Sweetest Lady
母の父 Lord at War
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州
生産 Charles Nuckols & Sons
馬主 Russell L. Reineman Stable
→The Thoroughbred Corporation
調教師 Frank R.Springer(アメリカ)
Bob Baffert(アメリカ)
競走成績
生涯成績 13戦7勝
獲得賞金 3,491,000ドル
テンプレートを表示

ウォーエンブレム(War Emblem、1999年 - )とはアメリカ競走馬である。アメリカで二冠馬となり、2002年エクリプス賞3歳牡馬チャンピオンに選出された。引退後は種牡馬として日本に輸出された。

現役時代[編集]

2001年10月メイドンでデビュー勝ちを収め、2戦目の芝のマニラステークスこそ敗れたが、ダートに戻った3戦目で2勝目を挙げた。3戦2勝で2歳シーズンを終え、クラシック戦線に向かうことになった。

迎えた2002年の最初の2戦は、馬群をひるむ仕草を見せるなど、持っている能力を活かすレースが出来なかった。それでも3月のレースを11馬身差で勝利すると、4月のG2イリノイダービーも6馬身以上の差をつける圧勝で、初の重賞を勝利した。このレースの後、サウジアラビアのサルマン殿下が代表を務めるザ・サラブレッドコーポレーションに90万ドル[2]で購入され、ボブ・バファート厩舎へと転厩した。

臨んだ第128回ケンタッキーダービーでは9番人気ながら、2着Proud Citizenに4馬身差で勝利。次走プリークネスステークスでもMagic Weisnerを3/4馬身差で退け4連勝をマーク。三冠の期待がかかることになった。しかしベルモントステークスでは出遅れもあり8着と惨敗、三冠達成とはならなかった。その後はGI競走ハスケル招待ハンデキャップで再度Magic Weisnerに3馬身半の差で勝利を収めた。だがそれ以降は勝てず、BCクラシック8着を最後に現役を引退、種牡馬となった。自分のペースでレースを進めると、非常に強い勝ち方を見せる馬であった。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2001.10.04 アーリントンパーク 未勝利 D8f 1着 A.ホワレJr. 1 3/4馬身 (Castner)
0000.10.20 アーリントンパーク マニラS 8f 7着 A.ホワレJr. 17馬身 Rylstone
0000.11.23 フェアグラウンズ 一般競走 D8f 1着 J.テリオットII 4 1/2馬身 (No Trouble)
2002.01.26 フェアグラウンズ レコンテS D8f 5着 J.テリオットII 2 1/4馬身 (Easyfromthegitgo)
0000.02.17 フェアグラウンズ リズンスターS G3 D8.5f 6着 J.テリオットII 9 3/4馬身 Repent
0000.03.17 スポーツマンズパーク 一般競走 D8f 1着 A.ホワレJr. 11馬身 (Colorful Tour)
0000.04.06 スポーツマンズパーク イリノイダービー G2 D9f 1着 L.スターリングJr. 6 1/4馬身 (Repent)
0000.05.04 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー G1 D10f 1着 V.エスピノーザ 4馬身 (Proud Citizen)
0000.05.18 ピムリコ プリークネスS G1 D9.5f 1着 V.エスピノーザ 3/4馬身 (Magic Weisner)
0000.05.18 ベルモントパーク ベルモントS G1 D12f 8着 V.エスピノーザ 19馬身 Sarava
0000.08.04 モンマスパーク ハスケル招待H G1 D9f 1着 V.エスピノーザ 3 1/2馬身 (Magic Weisner)
0000.08.25 デルマー パシフィッククラシックS G1 D10f 6着 V.エスピノーザ 5 1/4馬身 Came Home
0000.10.26 アーリントンパーク BCクラシック G1 D10f 8着 V.エスピノーザ 17馬身 Volponi

種牡馬時代[編集]

導入の経緯[編集]

1990年代から2000年代にかけて、日本の競馬ではサンデーサイレンスブライアンズタイムを代表とした、ヘイルトゥリーズン系の種牡馬が実績を残していた。ヘイルトゥリーズン系の優秀な牡馬と、優秀な牝馬を掛け合わせると、極度の近親交配となる。また、ヘイルトゥリーズン系以前に活躍していたノーザンダンサー系の種馬も、同様に配合し難い状況が生まれていた。そこで、それ以外の系統に属する種牡馬が必要とされていた。

1990年代のアメリカではミスタープロスペクター系の種牡馬が活躍していたが、日本では社台グループが鳴り物入りで導入したティンバーカントリーなどの種牡馬が、期待されたほどの成功を収めていなかった。加えて2002年には、社台グループはエンドスウィープエルコンドルパサーという、期待されたミスタープロスペクター系の種牡馬を相次いで亡くしてしまった。そのため、本格的にミスタープロスペクターの血を導入しうる種牡馬が期待されていた。

2002年7月、サルマン殿下が急死したことにより、管財人によって所有馬の整理が行われることになった。10月にケンタッキー州で競りが行われ、社台グループが1700万ドル[3]で購入し、日本で種牡馬入りが決定。シンジケートが組まれることになった。

種牡馬としての期待[編集]

本馬は父のOur Emblemだけでなく、母系に配合されてきた種牡馬も現在の日本ではほとんど流行していない血統である。Northern DancerHail to Reason、Hail to Reasonの祖父であるRoyal Chargerも血統に入っていないこともあって、かつてのサンデーサイレンスと同様[4]、有力な繁殖牝馬とのアウトブリード主体の配合が可能であった。特に、サンデーサイレンス産駒の牝馬とも配合が容易なことが大きな長所として捉えられた。このような血統背景から、2002年にサンデーサイレンスが死亡したこと、米二冠という実績から本馬にはポストサンデーサイレンスとして大きな期待が寄せられた。

種付けの苦戦[編集]

上述の期待を受けて種牡馬入りした本馬だったが、ほとんどの牝馬に興味を示さないという、自然主義が徹底されている[5]サラブレッドの種牡馬としては致命的な問題が発生した。Cigarのような無精子状態ではなく、また牝馬によっては種付けを行うことから性機能障害でもないため、種付けを行わせるために様々な試行錯誤が行われた。主に多数の牝馬の中から、本馬が興味を示す牝馬への種付けなどが行われている[6]。だが種付け作業が難航を極める状況は変わらなかった。初年度はわずか7頭の種付けに成功しただけに終わってしまい、誕生したのは4頭であった。

シンジケートは初年度にして解散されることになった。また本馬には大手保険会社4社の保険が掛けられていたが、うち3社が合意して約16億円の保険金が支払われた。なお残りの1社は、種付けそのものが成功しているとして保険金の支払いを拒否している。

シンジケート解散後も引き続き社台スタリオンステーションで種牡馬続行に向けた取り組みが行われた。関係者の懸命の努力により、2004年には約50頭ほどの牝馬に種付けが出来た。このうち約40頭ほどが受胎し、33頭が最終的に競走登録されている。しかし翌2005年には種付け数9頭、登録数5頭と再び激減。2006年に至っては種付け数が僅か1頭のみ、2007年は種付けすることが出来なかった。2006年の1頭は受胎しなかったため、産駒の頭数は2007年産・2008年産は続けてゼロとなってしまった。

しかし、2008年ペンシルベニア大学のマクダネル博士が行った治療の結果、1日1頭ペースで種付け出来るまでの劇的な改善が見られ、39頭への種付けに成功し誕生した産駒から17頭が血統登録された[7]。翌2009年(2010年誕生分)には、過去最多となる69頭の牝馬に種付けを行いうち43頭が血統登録されたことで、今後の種牡馬生活に大きな期待が抱かれたが、2010年(2011年誕生分)には種付け頭数が5頭に激減してしまい、2011年(2012年誕生分)も19頭と苦戦が続いている。

産駒の実績[編集]

初年度産駒は2006年デビューし、同年11月にJRA2頭目の出走となるクランエンブレムが産駒初勝利を挙げ、2007年8月には2004年度産駒4頭全てが中央で勝ち上がった。種付け数の比較的多かった2005年に誕生した33頭の産駒も好成績をあげており、13頭が中央競馬、7頭が地方競馬で勝ちあがっている。このうち2008年2月にショウナンアルバ共同通信杯を制し、産駒として初の重賞制覇を果たした。3月にはエアパスカルチューリップ賞を、ブラックエンブレムフラワーカップを制し、クラシックに産駒を送り出している。10月19日にはブラックエンブレムが秋華賞を制し、産駒2世代目でG1級競走を制覇した。2006年産の競走馬登録された5頭も、すべて中央競馬で勝ちあがっている。

産駒の傾向[編集]

産駒の絶対数が少ないため、今後傾向の違う産駒が登場する可能性も充分にあるが、従来の日本でのミスタープロスペクター系の種牡馬と違い、ダートよりも芝で好成績をあげる産駒が多いといえる。産駒の重賞実績も芝でG1を含む4勝をあげている他、ウォータクティクスのように、芝で連敗の後にダートで連勝した馬も出ている。

年度別種牡馬成績(中央+地方)[編集]

出走 勝利 順位 AEI 収得賞金
頭数 回数 頭数 回数
2006年 3 11 1 1 365 1.16 1370万0000円
2007年 19 69 12 17 95 2.45 1億8670万8000円
2008年 33 192 17 30 41 4.02 5億3373万8000円
2009年 29 214 18 50 56 3.05 3億5634万5000円
2010年 23 142 12 20 57 3.47 3億2081万2000円
2011年 25 105 9 17 62 2.29 2億1961万8000円
2012年 52 244 20 30 49 1.93 3億7736万8000円
2013年 60 435 35 57 39 2.25 5億1574万8000円
  • 2013年終了時点。

主な産駒[編集]

ブラックエンブレム
ローブティサージュ

血統表[編集]

ウォーエンブレム(War Emblem)血統ミスタープロスペクター系アウトクロス

Our Emblem
1991 黒鹿毛
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Personal Ensign
1984 鹿毛
Private Account Damascus
Numbered Account
Grecian Banner Hoist the Flag
Dorine

Sweetest Lady
1990 鹿毛
Lord at War
1980 栗毛
General Brigadier Gerard
Mercuriale
Luna de Miel Con Brio
Good Will
Sweetest Roman
1977 鹿毛
The Pruner Herbager
Punctilious
I Also Sky High
Roman Song F-No.20-b

近親[編集]

近親に活躍馬は殆ど出ていないが、3代母のI Alsoの半兄に種牡馬のProudest Romanがいる他、半弟にも種牡馬として日本で活躍したブレイヴェストローマンがいる。

脚注[編集]

  1. ^ 黒鹿毛とする資料もある。
  2. ^ 当時、約1億円。
  3. ^ 当時約21億円。この購入資金には、8月に急死したサンデーサイレンスの保険金があてられたといわれる。
  4. ^ サンデーサイレンス導入当時はRoyal ChargerやHail to Reasonの血はそれほど流行していなかった。またNorthern Dancerの血を持っていないため、当時大流行していたノーザンテースト等を代表とする、ノーザンダンサー系の牝馬との配合が可能であることが強みとなった。
  5. ^ サラブレッドの生産は自然交配によるもののみが許され、乳牛のような人工授精は禁止されている。
  6. ^ その中では栗毛の小柄な牝馬を比較的好んだとも言われる。種付けする場所を変える転地療法なども行われている。
  7. ^ 2008年6月8日サンケイスポーツなどによる。

外部リンク[編集]