ウォルター・ブルーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・ブルーニング
Walter Breuning
2010年4月のウォルター・ブルーニング
生誕 1896年9月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メルローズ
死没 2011年4月14日(満114歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 グレートフォールズ (モンタナ州)
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 グレートフォールズ (モンタナ州)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Agnes C. Breuning (née Twokey) (1922結婚–1957)
John Breuning (1864-1951)
Cora Mae (née Morehouse) (1870-1971)

ウォルター・ブルーニングウォルター・ブラウニングWalter Breuning1896年9月21日 - 2011年4月14日[1])は、アメリカ人の長寿の男性。114年と205日間生き、2009年7月18日から亡くなるまで男性長寿世界一であった[2]。女性を含めても、1896年7月9日生まれのマリア・ゴメス・バレンティンと1896年8月26日生まれのベシー・クーパーに次ぐ存命している3番目に高齢の人物だった。

人物[編集]

ウォルター・ブルーニング、一番上の列、左第2番目、1907年10月。

彼は第一次世界大戦のとき兵役を申し込んだが、呼び出されることはなかったという。グレート・ノーザン鉄道の鉄道員として働いていた。第二次世界大戦が勃発したとき、彼はすでに高齢だったため徴兵されることはなかった。

1日2回の食事を少なめに取ることを長寿の秘訣としていた。[3]

彼は2011年3月に入院するまで非常に健康であったという。2011年4月14日、老衰のためモンタナ州の高齢者施設で死去した[1]。なお、アメリカ人の男性としては最後の19世紀生まれの人物だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:世界最高齢男性が死去=トップは京都府の木村さんに[リンク切れ]
  2. ^ Walter Breuning, world's oldest man, dies in Montana at age 114オリジナルの2011年4月29日地点でのアーカイブ。)
  3. ^ “京都の木村次郎右衛門さん、男性世界最高齢に 113歳”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年4月15日). オリジナル2011年4月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110418141340/http://www.asahi.com/national/update/0415/TKY201104150542.html 
先代:
ヘンリー・アリンガム
男性長寿世界一
2009年7月18日 - 2011年4月14日
次代:
木村次郎右衛門