ウォルター・ビショップ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・ビショップ・ジュニア
基本情報
出生 1927年4月10日
死没 1998年1月24日(満70歳没)
ジャンル ビバップハード・バップ
担当楽器 ピアノ

ウォルター・ビショップ・ジュニアWalter Bishop, Jr., 1927年4月10日1998年1月24日)はアメリカ合衆国ジャズピアニストで音楽教師・音楽理論家。主にビバップ期およびハード・バップ期に活躍したが、1990年代まで演奏活動を続けた。ジャマイカ出身の作曲家ウォルター・ビショップ・シニアの息子である。また、イブラヒム・イブン・イスマイル(Ibrahim Ibn Ismail)というイスラム名も持つ。

略歴[編集]

ハイスクールケニー・ドリューソニー・ロリンズアート・テイラーと友人になる。第二次世界大戦後に音楽活動に入り、アート・ブレイキーチャーリー・パーカーオスカー・ペティフォードカイ・ウィンディングマイルス・デイヴィスジャッキー・マクリーンカーティス・フラーテリー・ギブスクラーク・テリーブルー・ミッチェルスーパーサックスと共演して録音活動を行なった。1960年代初頭にバンドリーダーとしてジミー・ギャリソンG・T・ホーガンとトリオを結成する。

1960年代後半にジュリアード音楽院ホール・オーヴァートンに師事した後、1970年代ロサンジェルス大学音楽理論を指導した。1983年よりハートフォード大学のハート校舎で教鞭を執る。著書『四度の研究(英語: A Study in Fourths)』では、4度圏や5度圏に基づくジャズの即興演奏の仕方について論じている。

参考資料・外部リンク[編集]

音源[編集]