ウォルター・ハント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・ハント
Walter Hunt
生誕 1796年7月29日
死没 1859年6月8日(62歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 発明家
著名な実績 万年筆
ミシン
安全ピン
アマ
路面電車ベル
石炭を燃料とするストーブ
街路清掃機械
ベロシペード
砕氷用プラウ

ウォルター・ハント(Walter Hunt、1796年7月29日 - 1859年6月8日)は、アメリカ合衆国の機械工。生涯、ニューヨーク州近辺で過ごした。多数の発明を残したことで知られている。例えば、ミシン(1833年)、安全ピン(1849年)、ウィンチェスターライフルの先駆けとなる連射可能な銃、アマ用紡織機、ナイフとぎ器、路面電車ベル、硬石炭を燃料とするストーブ、人造石、街路清掃用機械、ベロシペード、砕氷用機械などである[1]

ハントは、それらを発明した時、その重要性を分かっていなかった。その発明品の多くは今日も広く商品として売られている。例えば、安全ピンを大したものとは考えず、その特許を400ドル(2008年の価値に換算するとだいたい1万ドル)で W R Grace and Co. という会社に売却した[2]。これは、借金15ドルを返すためだった。ミシンについては特許取得に失敗した。これは、お針子が大勢失業するのではないかと心配して、特許申請が遅れたためである。後に独自にミシンを発明したエリアス・ハウとの間で、裁判となった。

以下に、ハントの主な発明をその特許に付属していた図と共に列挙する。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Marshall Cavendish, p. 845.
  2. ^ Discoveries

参考文献[編集]

  • Marshall Cavendish Corporation, Inventors and inventions. New York : Marshall Cavendish, 2007. ISBN 9780761477617, p. 845 ff.
  • Hunt, Clinton N. Walter Hunt, American inventor. New York: C. N. Hunt, 1935. OCLC 250585694
  • Kane, Joseph Nathan. Necessity's child : the story of Walter Hunt, Americaʼs forgotten inventor, Jefferson, N.C. : McFarland, 1997. ISBN 9780786402793

外部リンク[編集]