ウォルター"ウルフマン"ワシントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター"ウルフマン"ワシントン
ウォルター"ウルフマン"ワシントン (2008)
ウォルター"ウルフマン"ワシントン (2008)
基本情報
出生名 Walter Washington
出生 1943年12月21日(70歳)
米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル ブルース
R&B
職業 ギタリストシンガー
担当楽器 ギター
活動期間 1981年 〜 現在
レーベル ヘルプ・ミー、ラウンダー、ポイントブランク、ブルズアイ・ブルース、ゾホ・ルーツ
共同作業者 ジョニー・アダムスリー・ドーシージョー・クラウンラッセル・バティストJr.
公式サイト WalterWolfmanWashington.com

{{{Influences}}}

ウォルター"ウルフマン"ワシントンWalter "Wolfman" Washington 1943年12月21日 - )は米国ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動するギタリストシンガー。ブルースを基調としながら、ニューオーリンズのミュージシャンらしいファンク、R&Bも織り交ぜたサウンドを展開する。

来歴[編集]

1943年、ニューオーリンズに生まれた。まだ10代の頃にリー・ドーシーのバンド・メンバーに抜擢され、彼とともにツアーに出る[1]

1960年代中ごろになると、オール・フールズ・バンドを結成、地元のクラブに出演するようになった[2]

1970年代に入るとジョニー・アダムスのバンドに参加。アダムスとは、以後20年の長きに渡りライブ、レコーディングに関わっていった[1]。一方1970年代の後半になると自身のバンド、ロードマスターズを結成し、ヨーロッパ・ツアーもこなすようになった[2]

1981年、初のソロ作Rainin' In My Heartを零細レーベル、ヘルプ・ミーよりリリースした。1980年代半ばにはワシントンは、ラウンダー・レコードと契約。同レーベルからは計3枚のアルバムをリリースしている。その後、ヴァージン・レコード系レーベル、ポイントブランクからもアルバムをリリースした。

1992年8月、初来日。1999年3月にもブルース・フェスティバル「THE JOOK」出演のために再来日している[3]

2007年、同じくニューオーリンズのミュージシャンであるジョー・クラウン(org.)、ラッセル・バティストJr. (ds.)とトリオを組み、ニューオーリンズのクラブ、メイプル・リーフで活動するようになった。

2008年には、久々のアルバムDoin' the Funky Thingをリリース、好評を博している。同年クラウン、バティストとのライブ盤Krown, Washington, Batiste / Live at the Maple Leafもリリースした。


ディスコグラフィー[編集]

  • 1981年 Rainin' In My Heart (Help Me)
  • 1986年 Wolf Tracks (Rounder)
  • 1988年 Out of the Dark (Rounder)
  • 1991年 Wolf at the Door (Rounder)
  • 1991年 Sada (Point Blank)
  • 1998年 Funk Is in the House (Bullseye Blues)
  • 1999年 Blue Moon Risin' (Artelier)
  • 2008年 Doin' the Funky Thing (Zoho Roots)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]