ウォフ・マナフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォフ・マナフ (Vohu Manah) は、ゾロアスター教において崇拝される 善神 アムシャ・スプンタの一人。 その名はアヴェスター語で「善い思考」を意味する。

パフラヴィー語ではワフマン (Vahman)、 現代ペルシア語ではバフマン (Bahman) と呼ばれる。

伝説によれば、最初にザラスシュトラの前に現れ、アフラ・マズダーのもとへ連れて行った神でもある。

「善い思考」の神格化であり、特に善悪の分別を司る。人間の善行と悪行を記録し、裁きを下す神ともされ、死後 人間を天国で最初に出迎えるのもウォフ・マナフであるとされる。また、悪神アカ・マナフの敵対者である。

中世以降の神学では、動物、特に家畜の守護神とされた。