ウェーヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェーヴス
Wavves
Wavves live.png
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンディエゴ
ジャンル サーフ・ロック
パンク
ノイズ・ポップ
Lo-Fi
活動期間 2008年 - 現在
レーベル Mom+Pop Music
ファット・ポッサム・レコーズ
Woodsist
Tic Tac Totally
共同作業者 Best Coast
公式サイト wavves.net
メンバー
Nathan Williams
Stephen Pope
Alex Gates
Jacob Cooper
旧メンバー
Ryan Ulsh
Zach Hill
Billy Hayes

ウェーヴス (Wavves) は、アメリカカリフォルニア州サンディエゴ出身のインディーロックバンドサーフ・ミュージックを感じさせるLo-Fiパンクサウンドを特徴とする。

来歴[編集]

2008年カリフォルニア州サンディエゴ出身のネイサン・ウィリアムズ(Nathan Williams)のソロプロジェクトとしてスタート。宅録で製作した作品を7インチやカセットテープで発表後、友人のライアン・ユルシュ(Ryan Ulsh)をドラマーに招きツアーを行なった[1]。同年9月、1stアルバム『Wavves』をWoodsistからリリース。

2009年2月、2ndアルバム『Wavvves』をファット・ポッサム・レコーズからリリース。この時期人気が高まっていたLo-Fiムーヴメントも手伝い、アンダーグラウンドヒットとなった[1]。5月、Primavera Sound Festival出演時にステージ上で大喧嘩をしてライアンが脱退、予定されていたヨーロッパツアーが中止になった[2]。その後ジェイ・リータード (w:Jay Reatard) のバックバンドをつとめていたビリー・ヘイズ(Billy Hayes)とスティーヴン・ポープ(Stephen Pope)を迎えバンドを立て直した[3]

2010年8月、3rdアルバム『キング・オブ・ザ・ビーチ』をリリース。モデスト・マウスザ・ハイヴスミュートマスとの仕事で知られるデニス・ヘリングをプロデューサーに迎え製作された[1]音楽メディアが発表する年間ベストアルバムのリストではスピンで24位、ピッチフォークで50位に選ばれた。収録曲IdiotはゲームSaints Row: The Thirdに使用されている。

メンバー[編集]

  • Nathan Williams
  • Stephen Pope
  • Alex Gates
  • Jacob Cooper

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム

EP

  • Life Sux EP (2011年、Ghost Ramp)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Web Magazine, Qetic.”. 2012年7月16日閲覧。
  2. ^ Wavves Cancels European Tour, Pitchfork.com.”. 2012年7月16日閲覧。
  3. ^ Wavvesが日本にやってくる!, Monchicon!.”. 2012年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]

公式サイト