ウェルシュケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Wesh cakes.jpg

ウェルシュケーキ英語:Welsh cake、ウェールズ語:picau ar y maen)はウェールズの伝統的なおやつである.

ベイクストーン(英語:bakestone、ウェールズ語:maen)という鋳鉄製の鉄板の上で1.5cm程度以上の厚みになるよう焼き上げるためベイクストーンとも呼ばれる。

ウェルシュケーキは小麦粉バターまたはラード鶏卵砂糖、そしてレーズンから作られる。直径4-6cm、厚さ1.5cm程度の円盤状の形状をしている。温かいまま、あるいは冷やして、上白糖をまぶして供される。スコーンと違い、何かの付け合わせとなることはほとんどなく、むしろ割ってジャムを挟んだ状態で、あるいはたまにバターを塗った状態で売られてもいる。紅茶とともに食べるのが通例である。

ウェールズの一部ではベイクストーンがウェルシュケーキとは別にあり、それは大きくかつ甘みが少ない。

バリエーション[編集]

  • ジャムスプリット: ウェールズ南部で人気。名前の通り、ウェルシュケーキを水平に割ってジャム(場合によってはバターも)をサンドイッチのように挟んだもの。