ウェランド (オンタリオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェランド
ウェランド・シビック・センター
(写真:ウェランド・シビック・センター)
愛称:"The Rose City"
ナイアガラ地域内の位置
ナイアガラ地域内の位置
座標:北緯43度00分 西経79度30分
基礎データ
Flag of Canada.svg カナダ
Flag of Ontario.svg オンタリオ州
行政区 ナイアガラ地域
都市名 ウェランド
英語名 City of Welland
入植日 1788年
創設日 1858年
面積 83.47 km²
標高 海抜 192 m
人口 2001年[1]
 - 市域 48,402 人(国内87位)
 - 人口密度 579.9 人/km²
時間帯 東部標準時(EST)、UTC-5
夏時間 東部夏時間(EDT)、UTC-4
市外局番 +1-905、+1-289
公式サイト
ウェランド市街
メインストリート・トンネル

ウェランド: Welland)は、オンタリオ州ナイアガラ地域に位置し、人口4万8,402人の都市(2001年統計)。

鉄道と水の集まる場所として知られ、鉄道はバッファローからトロントオンタリオ州南西部を繋ぎ、水上交通はウェランド運河やウェランド川(Welland River)があり、これらは街の発展に大きな役割を果たしてきた。

フランス語の話者の割合が多いことで知られ、州内の割合の平均を超える数少ない地域のひとつ。

歴史[編集]

1788年から英国王党派United Empire Loyalists)の入植が見られた。初代ウェランド運河First Welland Canal)が建設されてから同地域は運河の歴史と深いかかわりを持つことになる。

1833年に初代ウェランド運河エリー湖まで延長され、今はウェランドのダウンタウンとなっている辺りに、ウェランド川をまたぐ木造による水路が建設され、運河と川を行き来する閘門も造られた。これによって小さな町であったウェランドは途中下車をするのに適した関連施設の整備が行われた。

発展を遂げる中で、街は後にウェランド運河プロジェクトの創始者であるウィリアム・ハミルトン・メリット(William Hamilton Merritt)の名をとって、メリッツビル(Merrittsville)と名づけられる。この名は今でもHWY406号線(Highway 406)ができるまでナイアガラ地方の南北を結ぶ主要幹線道路であったメリッツビル・ハイウェイ(Niagara Road 50)に見ることができる。

ウェランドの名は1858年7月25日に街が組織された際に名づけられ、1917年に市政となった。

運河をより大きくするウェランド・バイパス・プロジェクト(Welland By-Pass)が1967年から開始され、1973年に完成した。ウェランドの中心にあった運河は郊外に新しく建設され、古い運河はウェランド・リクリエーショナル・ウォーターウェイ(Welland Recreational Waterway)と名づけられる。様々な娯楽関連施設を水路沿いに造る予定であったが、結局実現には至らなかった。

運河が郊外に移ったことでダウンタウンは荒廃を見せ、店は北部へと移転していった。現在、ダウンタウンは再開発が進められ、新しい公的機関の建物が入っている。

経済[編集]

フランス語の話者が多くバイリンガルの人材が豊富に確保できることからコールセンターが数社入っている。

教育[編集]

交通[編集]

HWY406号線(Highway 406)がソロルドセント・キャサリンズに通ずる主要道路であり、QEW(Queen Elizabeth Way)へと繋がっている。しかし、HWY406号線の始めの9kmは他のHWY400号シリーズのハイウェイと違って有料道路となっている。

ポートコルボーンとはHWY140号線(Highway 140)とHWY58号線(Highway 58)とで繋がっている。

街の東部には運河の地下を走るメインストリート・トンネル(Main Street Tunnel)とタウンライン・トンネル(Townline Tunnel)の2つのトンネルがある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]