ウェディングケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェディングケーキの一例

ウェディングケーキは、結婚式結婚披露宴などで、新郎新婦が入刀するケーキ

概説[編集]

由来は、古代ギリシャなど各地の神話・風習など、たくさんある[1]砂糖バター、卵を使いぶどうの他、様々な果物や洋酒を加え、固く焼いたケーキへと変化していった。

イギリスで、18世紀後半頃、ラム酒に漬け込んだフルーツが入ったバターケーキに薄く伸ばしたマジパンをかぶせ、シュガーペーストでレースのような装飾を施したことからウェディングケーキが作られるようになった(当初は「ブライドケーキ」つまり、花嫁のケーキと呼ばれた。ちなみにブライドケーキという名前のレシピが登場するのは1769年である[2])。最初は1段だったが、19世紀頃になると2段 - 3段になった。これを広めたのは1858年ヴィクトリア女王の第一王女のウェディングケーキで、週刊新聞イラストレイテッド・ロンドン・ニュースで挿絵付きの記事が載ったことが発端である[3]。当時のウェディングケーキに新郎新婦の人形や造花を飾っていた。

結婚式や結婚披露宴で新郎新婦がウェディングケーキに入刀することをケーキ入刀(ケーキカット)といいギリシャ神話に由来している[4]。ただし、ケーキ入刀の儀式そのものは最近の風習であると言われている。早くとも文献に登場するは1930年代からである[5]。また、ケーキを入刀した後にケーキをお互いに食べさせ合う儀式を「ファーストバイト」という[6]

ウェディングケーキには、フランスクロカンブッシュを使う方式、アメリカの1段で長方形である方式、イギリスの3段の方式がある。日本は、主にイギリス式のケーキである。イギリスでは、入刀した後、最下段は切り分けて披露宴の列席者に振る舞い、2段目は来られなかった人達にお裾分けし、頂部は夫婦が冷蔵庫で厳重に保管し、第一子が産まれた日または1年目の結婚記念日(紙婚式)に食べる。

脚注[編集]

  1. ^ 猫井登 『お菓子の由来物語』 原幻冬舎ルネッサンス、2008年、34-35頁。ISBN 978-4779003165
  2. ^ ニコラ・ハンブル 『ケーキの歴史物語』 原書房、2012年、112頁。ISBN 978-4562047840
  3. ^ ニコラ・ハンブル 『ケーキの歴史物語』 原書房、2012年、113-116頁。ISBN 978-4562047840
  4. ^ ウエディング用語集”. ゼクシィリクルート). 2013年4月5日閲覧。
  5. ^ ニコラ・ハンブル 『ケーキの歴史物語』 原書房、2012年、116頁。ISBN 978-4562047840
  6. ^ ウエディング用語集”. ゼクシィ(リクルート). 2013年4月5日閲覧。

関連項目[編集]