ウェックスフォード (ペンシルベニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェックスフォード: Wexford)は、アメリカ合衆国ペンシルバニア州アレゲニー郡英語版における非法人地域である。ウェックスフォードと呼ばれている地域は、フランクリン・パーク、マクキャンドレス、パイン・タウンシップ、およびマーシャル・タウンシップなどの複数の基礎自治体に分かれている。ウェックスフォードの名称は、アイルランドのウェックスフォード州にちなんで命名された[1]

概要[編集]

ウェックスフォードには中流および上流階級の人々が比較的多く居住している。商業面では、多種にわたる企業チェーン店、自動車ディーラー、そして多くの中小規模の店舗が存在し、これらはウェックスフォード・フラット英語版と呼ばれる地域の幹線道路であるU.S.19号線沿いに集中している。

ペンシルバニア州で最もレベルの高いハイスクールの一つとされるノース・アレゲニー・シニア・ハイスクール英語版もウェックスフォードに存在する[2]。また、これ以外にもパイン・リッチランド・ハイスクール英語版ヴィンセンシャン・アカデミー英語版などが存在する。

ウェックスフォードは正式には町ではない(郵便番号により指定されるピッツバーグ郊外の一地域)が、雑誌『マネー』に28番目に住みやすい地域として紹介された[3]。ウェックスフォードには、豊富な資金をもつ大規模な公立ハイスクールであるノース・アレゲニー・ハイスクール、多くのビジネス組織、そして多くの教会が(特にウェックスフォード・フラットと呼ばれる地域に)存在する。このためウェックスフォードは、ピッツバーグ市域中の単なる一郊外地域というより、確固とした性格を有する共同体であると言える。

ウェックスフォードはノース公園英語版およびノース公園湖英語版に隣接している。ここには多くのハイキングおよび自転車用コース、湖の周囲5マイルにわたる舗装されたジョギング用コース、多くの野外イベント会場、屋外スケート・リンク、ゴルフ・コース、ドッグ・パーク、さらにいくつものレストランや店が存在する。湖では現在工事が行われており(水底の泥さらい、湖沿岸の改装など)、2012年に完成予定である。

ウェックスフォードは人口の増加している共同体であり、地域の内部はより小さい区域に分かれる傾向にあると同時に、近隣に住宅が増加する傾向にもある。ここ数年の劇的な人口増加を踏まえ、さらに今後への対応策として、アレゲニー郡は居住地域の中心を横断する19号線を改装せざるを得なくなった。これは現在進行中のプロジェクトであり、2012年に完成予定とされている。交通量が多く脇道へ曲がることが困難なため、片側二車線の四車線道路で事故が多い。このため改装プロジェクトの一環として、道路の中心に左折または右折用の車線をもう一本作ることが予定されている。これはノース・アレゲニー・シニア・ハイスクールからチャーチ・ロードまで行われる予定である[4]

過去に在住(または在住中)の著名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ www.wexfordvfc.com” (英語). 2012年1月3日閲覧。
  2. ^ See Pennsylvania Department of Education: Adequate Yearly Progress report [リンク切れ] for North Allegheny test scores.
  3. ^ Best Places to Live 2009 - from Money Magazine” (英語). 2012年1月3日閲覧。
  4. ^ Project Infromation For Route 19” (英語). 2012年1月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度37分35秒 西経80度03分21秒 / 北緯40.62639度 西経80.05583度 / 40.62639; -80.05583