ウェズレー・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェズレー・ローズ
Wesley Herman Rose
生誕 1918年2月11日
アメリカイリノイ州シカゴ
死没 1918年2月11日
ナッシュビル
職業 音楽プロデューサー

ウェズレー・ハーマン・ローズ(Wesley Herman Rose[1]1918年2月11日 - 1990年4月26日)は、アメリカ合衆国音楽出版事業経営者、音楽プロデューサー

生涯[編集]

ソングライターだったフレッド・ローズの息子として、イリノイ州シカゴに生まれ、公認会計士を目指して勉強した。スタンダード石油で会計士として働いた後、父の誘いに応じて、テネシー州ナッシュビルに移り、1945年から、父が共同経営者のロイ・エイカフRoy Acuff)とともに設立した音楽出版社エイカフ=ローズ・ミュージックAcuff-Rose Music)に参画することとなった[1]。事実上の経営を任されたウェズレーは優れた手腕を発揮し、それまでの放送音楽協会Broadcast Music Incorporated, BMI)との提携に加え、別会社ミレーネ・ミュージック(Milene Music)を作って米国作曲家作詞家出版者協会ASCAP)とも提携するなど、この事業を大きく成長させた[1]。ウェズレーが経営にあたったおかげで、父フレッドは共同経営者の立場に留まりながらも、楽曲づくりに時間を割くことができた[1]1954年に父が死去すると、ウェズレー・ローズは同社の社長となり、世界中に提携先を広げていった。

ウェズレー・ローズは、カントリー音楽産業が発展する上で、非常に重要な役割を演じた。ローズは1958年カントリーミュージック協会(CMA)の設立に際して舞台裏で大きな推進力となり、ナッシュビルの音楽出版事業者として初めて、米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)や、米国音楽出版社協会Music Publishers' Association)の執行役員となった[1]1961年、ウェズレー・ローズは、カントリー音楽の殿堂の設立に際して共同創設者のひとりとなった[2]

1985年、ローズとエイカフは、エイカフ=ローズ・ミュージックが所有する楽曲に関する諸権利を、ゲイロード・エンターテインメントGaylord Entertainment Company)の完全子会社であるゲイロード・ブロードキャスティング(Gaylord Broadcasting)に売却した[1]1986年、ウェズレー・ローズはカントリー音楽の殿堂の殿堂入りを果たし、父の仲間入りをすることになった[3]

ウェズレー・ローズは、1990年にナッシュビルで死去した。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f John Rumble. “Inductees, Wesley Rose”. Country Music Hall of Fame. 2011年4月22日閲覧。
  2. ^ “Wesley Rose; Co-Founder of Country Music Hall of Fame”. Los Angeles Times. (1990年4月28日). http://articles.latimes.com/1990-04-28/news/mn-233_1_wesley-rose 2011年4月22日閲覧。 
  3. ^ フレッド・ローズは、カントリー音楽の殿堂設立時に、ハンク・ウィリアムズジミー・ロジャーズとともに、最初に殿堂入りした3人のうちのひとり。John Rumble. “Inductees, Fred Rose”. Country Music Hall of Fame. 2011年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]