ウェスリー・ブリスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェス・ブリスコ
Wes Brisco.jpg
プロフィール
リングネーム ウェス・ブリスコ
本名 ウェスリー・ブリスコ
身長 178cm
体重 90kg
誕生日 1983年2月21日(31歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
トレーナー FCWスタッフ
デビュー 2009年
テンプレートを表示

ウェス・ブリスコWesley "Wes" Brisco、1983年2月21日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身[1]

父はWWEのロード・エージェントであるジェリー・ブリスコ。伯父は元NWA世界ヘビー級王者ジャック・ブリスコ

来歴[編集]

2008年3月29日、WWEホール・オブ・フェイムにて、父であるジェリー・ブリスコと伯父のジャック・ブリスコの殿堂入りに出席。

2009年、WWEとディペロップメント契約。傘下団体のFCWにてウェス・ブリスコWes Brisco)のリングネームで3月20日にデビュー。同日の25人バトルロイヤルに出場し、優勝を飾った。FCWでの試合出場は多いものの、タイトル戦線やストーリーに絡めずにいたが、2010年11月、エグザビアー・ウッズとタッグを組み、デリック・ベイトマン & ジョニー・カーティスからFCWフロリダタッグチーム王座を奪取。しかし、翌月にタイタス・オニール & ダミアン・サンドウに敗れ王座から陥落。王座陥落後、ウッズとのタッグは解消すると出番がなくなり、2011年6月にリリースとなった。

WWE解雇後、フロリダを拠点とするFUW(Florida Underground Wrestling)やリングウォリアーズ(Ring Warriors)に参戦。FUWでは元FCW所属のダコタ・ダーソウセカンド・カミングなるタッグチームを結成して活動する傍ら、シングルでは2012年4月24日に大ベテランのフィーデル・シエラ(キューバン・アサシン)からFUWキューバンヘビー級王座を奪取した。7月にはプエルトリコの老舗団体であるWWCにスポット参戦し、9月にはリングウォリアーズにてリングウォリアーズ・グローバルタッグ王座争奪トーナメントにキャシディー・ライリーとのタッグでエントリーして優勝し、同王座を獲得した。

2012年TNAと契約を交わし入団。10月11日のImpact Wrestlingにてカート・アングルが待機していたバックステージに登場し、アングルと会話を交わして去った。ギャレット・ビショフとタッグを組んで活動するようになり、11月にはアングルとギャレット、サモア・ジョーなどと結託し、エイシズ・アンド・エイツと抗争。

2013年1月31日、Impact Wrestlingにてギャレットと共にエイシズ・アンド・エイツのメンバーであったことを明かし、アングルを襲撃。3月10日にはPPVであるLockdown 2013にてアングルとのスティールケージマッチが行われ、エイシズ・アンド・エイツのメンバーであるディーロ・ブラウンの介入により脱出に成功し、アングルから殊勲の金星を得た。4月11日にはアングルと再戦するが、ギャレットを呼び寄せてハンディキャップマッチに持ち込んでアングルを返り討ちにして見せた。以降、エイシズ・アンド・エイツのやりたい放題な状態が続いたが、メインイベント・マフィアの登場から徐々に追い込まれるようになってユニット間に亀裂が生まれ、9月26日にナックス & ギャレットと組んでメインイベント・マフィア(マグナス & スティング & サモア・ジョー)と6人タッグを行い敗戦し、試合後にエイシズ・アンド・エイツのメンバーから暴行を受け、ユニットから追放された。この試合を最後に試合に出場する機会がなくなり、2014年1月にTNAから解雇となった。

TNA解雇後、再びFUWで活動を開始。1月25日、元TNA所属のマイキー・バッツと対戦して勝利した。3月7日、FUWヘビー級王者であるマイケル・ターヴァーに挑戦して勝利し、ベルトを奪取をした。

得意技[編集]

  • ブリスコロール
コーナーに走り込んできた相手を開脚ジャンプでかわし、相手の背中に馬乗りになって相手の胴を両足で挟み込む。そのまま前方に回転して相手を後ろに返し、押さえつけてフォールを奪う。

獲得タイトル[編集]

FCW
w / エグザビアー・ウッズ
FUW
  • FUWヘビー級王座 : 1回
  • FUWキューバンヘビー級王座 : 1回
リングウォリアーズ
  • リングウォリアーズ・グローバルタッグ王座 : 1回
w / キャシディー・ライリー
CWF(Continental Wrestling Federation)
  • CWFタッグ王座 : 1回
w / JDマーベリック

入場曲[編集]

  • Isn't This What You Want

脚注[編集]

  1. ^ Wesley Brisco WrestlingData.com、2014年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]