ウェズリアン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウェスリアン大学から転送)
移動: 案内検索
ウェズリアン大学
College row at wesleyan.jpg
大学設置/創立 1831年
学校種別 リベラル・アーツ
設置者 ウィルバー・フィスク
本部所在地 コネチカット州ミドルタウン
学部 教養学部
ウェブサイト ウェズリアン大学公式サイト
テンプレートを表示

ウェズリアン大学英語: Wesleyan University)は、コネチカット州ミドルタウンに本部を置くアメリカ合衆国リベラル・アーツ大学である。1831年に設置された。


ウェズリアン大学(英語:Wesleyan University)とは、アイビー・リーグレベルの教育を少人数で行っているリベラル・アーツ・カレッジの一つである。ウィリアムズ大学アマースト大学とともにリトル・スリーと呼ばれており、トップレベルの質を有するリベラル・アーツ・カレッジ群であるリトル・アイビーの中でも名門とされる。米国の大学ランキングでは常に最上位グループに位置している。


沿革[編集]

キリスト教メソジスト派の大学として初代総長であるウィルバー・フィスクによって1831年にコネチカット州ミドルタウンに設立された。米国内で最も教育上先進的な機関として名高く[1]、アメリカの大学の中で初めて学部生のためだけの科学施設であるJudd Hall (卒業生Orange Juddに因む)が作られた。1872年には当時のアメリカの大学では革新的であった女性の在籍が認められ"Wesleyan Experiment"と称された。1910年には学生数は300[2]、1960年には800を超えた[3]。1970年代まではリトル・スリーの残りの2校であるウィリアムズ大学アマースト大学に比べて学生数は少なかったがその後大幅に増加し、今では3000人弱の学生が在籍している。1937年には教会の影響を排除しており、今では宗教色は一切ない。

ウェズリアン(英:Wesleyan)という名前は、メソジズムを18世紀英国で興したジョン・ウェスレー(英:John Wesley)にちなんでいる。ウェズリアン大学の他にも20ほどの大学がウェスレーの名を大学名の由来としているが、ウェズリアン大学とは関係ない。

ウェズリアン大学の歴史に関する書籍は二つ発刊されている。一つはWesleyan's First Century (1932年, Carl F. Price)であり、もう一つはWesleyan University, 1831-1910: Collegiate enterprise in New England (1999年, David B. Potts)である。[要出典]

キャンパス[編集]

ウェズリアン大学のキャンパスはコネチカット州ミドルタウン市西部にある。1.5平方km(東京ドーム約32個分)の敷地内には340もの建物が建っている。

1831年設立当時は1825年にミドルタウン市によって建てられていたノースカレッジ及びサウスカレッジだけが敷地だった。1906年にノースカレッジは火事により焼失するが、1909年に再建される。サウスカレッジは災禍を逃れ、キャンパス内唯一の設立時からの建物となった。この二つの建物に次いで、記念チャペル、図書館(後に劇場へと改築された)、ジャッドホールが建設された。これらの初期建築群の近くにはオリン記念図書館、ハリマンホール、シャンクリン研究棟などが建っている。

主な建物[編集]

  • オリン記念図書館(1927年):100万冊以上の蔵書を誇るウェズリアン大学最大の図書館。1868年に建てられた教会が元となっている。1927年の完成及び開館以来、38年、56年、86年、92年と改築を何度も繰り返した。1986年の改築は元の建物の周りにU字型の建物を付け足す形をとったため、室内にも昔の外壁が見られる。コネチカット州の政府資料なども所蔵されている。[4]
  • ユスダン学生センター(2007年):2007年に10年越しの計画の末完成された。地上三階建てで地下一階建てである。二階にあるユスダン・マーケットプレイスはキャンパスにおけるメインの食堂であり、キャンパスで唯一朝食を提供している。また一階にはビリヤード台フーズボール台、ソファ等があり学生がリラックスしたり勉強したりできるスペースとなっている。一階にはこの他にも、学内でのショーやコンサート及び大学運営のシャトルなどのチケットを購入できるボックス・オフィスや、観光客等訪問者向けのインフォメーションデスクがある。ウェズリアン・ステーションという大学における郵便局もあり、生徒はここで郵便物を受け取る。更に校章やマスコットのカーディナル(ショウジョウコウカンチョウ)が入ったパーカー・マグカップなどを販売しているスクール・ショップもある。その他、コピー機、FAX機、コンピュータ、自動販売機や、学内唯一のATM(バンク・オブ・アメリカ)が設置されている。地下には音楽スタジオがあり生徒が結成したバンド等が練習を行える。[5][6]
  • アルブリットン・センター(1904年):米西戦争中に罹患した病で亡くなったジョン・ベル・スコット(1881年卒)を称え、スコット研究棟として建てられたボザール様式の3階建ての建物。1984年には改築され学生センターとなったが、上述のユスダン学生センター開館とともに、学生センターとしての役目を終え、学術用目的で再度使われることとなった。現在はジェンダー学等の学部の他、社会起業センターやEspwessoという学生運営のカフェなどがある。2011年にはU.S. Green Building Councilからアルブリットンセンターの改築はLeadership in Energy and Environmental Design (LEED)分野(エネルギーと環境におけるリーダーシップ分野)において金賞を受賞している。[7]
  • フリーマン・アスレチック・センター(1990年):2200万ドルをかけて建てられた。施設オープン当時は5,600平方メートルの室内運動場(陸上トラック、テニスコート、ウォールクライミング用施設、レスリング用施設等)、50メートルプール、アイスホッケー場/スケートリンクや、ロッカールーム等のみだったが、2005年1月には1300万ドルをかけた増築が完了し、1200人収容のバスケットボール、バレーボール用新体育館、700平方メートルのフィットネスセンター(100以上のトレーニングマシンを有する)、及び Rosenbaum スカッシュセンター(8面)が新たに加わった。周囲にはサッカーコート、アメリカンフットボールコート、陸上トラック、ソフトボール場などがある。[8]
  • エクスリー・サイエンス・センター:地下1階から地上5階まである科学系の教室の入った建物。学内最大の講堂であり、過去の名誉教授Max Tishlerから名前をとったティシュラー講堂がある(定員150名)。その他パイカフェという小さな喫茶店や、キャンパスではオリン記念図書館の次に大きい図書館であるサイエンスライブラリーがある。物理学部、数学部等の建物となっている。
  • ハリマンホール(1833年購入)
  • ジャッドホール:心理学部の建物。
  • シャンクリン研究棟
  • ホールアットウォーター研究棟
  • ヴァンヴレック天文台
  • バターフィールド寮郡
  • ノースカレッジ(事務)
  • サウスカレッジ(事務)
  • 記念チャペル
  • ダビソン芸術センター


大学[編集]

ウェズリアン大学は40の学部を持ち、900以上の授業を毎学期開講している。学部生は47の専攻から選んで学士号を取得することができる。基本的には二年生の春学期に専攻を宣言することとなっている(College of Social Sciencesは一年生の春学期に宣言するなど例外もある)。

47の専攻は以下の通り:アフリカ系アメリカ人文化学、アメリカ学、人類学考古学美術史、美術、天文学生物学化学古典、College of Letters、College of the Environment、College of Social Studies (CSS)、コンピュータ・サイエンス、舞踊、Earth and Environmental Sciences、東アジア文化学経済学英語、フェミニスト・ジェンダー及び性に関する研究、映画作成学、ドイツ学政治学歴史学ラテンアメリカ文化学数学、Mathematics-Economics、中世学、分子生物学および生物化学音楽神経科学および行動科学哲学物理学心理学宗教学ロマンス言語学および文学、ロシア・東欧文化学、ロシア語およびロシア文学、社会での科学、社会学演劇

これらの47の専攻のうち15、つまり約3分の1が学際プログラムである。また、二つ以上の専攻を持って卒業することも可能であり、実際40%以上の生徒が二つ以上の先行を持って卒業している(ダブル・メジャー[9]。また、52%の生徒は自らで専攻を作って卒業している(Independent Studyと呼ばれる)[10]。2012年2月からは副専攻プログラムの提供も始まった。

ウェズリアン大学はカリフォルニア工科大学及びコロンビア大学工学部とともに3-2プログラムと称されるプログラムを提供している。このプログラムは5年かけてウェズリアン大学及び、カリフォルニア工科大学またはコロンビア大学工学部のいずれか、の2つの学位を取得できるプログラムである。5年目の学費は免除される。

授業は少人数制であり、10から19人の授業がほとんどで、生徒対教員の比率は9:1である[11]

ライティング能力がどの学部でも重視されており、99%を超える学生がライティングのカリキュラムを終了している[12]

一年生にはライティング、分析、議論及び批判的思考力を養うことを主目的とした一年生専用のセミナーが提供される。

CSS(The College of Social Studies)[編集]

CSSとはThe College of Social Studiesの略であり、1959年歴史学経済学政治学及び哲学を統合して生まれたウェズリアン大学独特の学部である。生徒個人の知的独立とともに生徒と教授の間の協力的、社会的関係の構築に焦点を当てている。生徒はプログラムの10.5単位(卒業論文を書く者は11.5)のうち5.5を二年生のうち取得する。二年生の間は西洋の近代社会の成立を歴史的、経済的、政治的観点から勉強し、期末試験は総合的なものとなっている。三年生はよりグローバルな視点からの分析となり、四年制になると卒業論文若しくは卒業エッセイの執筆が課される。[13][14][15]

大学院[編集]

学部別プログラム[編集]

ウェズリアン大学では11の学部別の大学院プログラムがある。ただしこれらは自然科学、数学、コンピューター・サイエンス、心理学そして音楽の分野に限られる。[16]プログラム修了後には文学修士(Master of Arts)、理学修士(Master of Science)若しくは博士号が授与される。

GLSP(Graduate Liberal Studies Program)[編集]

ウェズリアン大学が1953年に全米で初めて開始したプログラムで、リベラルアーツの分野での修士プログラムである。[17]現在では多くの大学ガ類似したプログラムの提供を行っている。[18]学部に縛られない学際的な研究の機会を院生に与えているプログラムである。[19]

このプログラムの生徒の多くが近隣で私立公立を問わず教員職に付いているか既に一度大学院に通っている。[20]

図書館[編集]

ウェズリアン大学には180万冊の書籍と、10000を超える雑誌等の定期刊行物があり[21] [22]、その大部分は前述のオリン記念図書館に所蔵されている。キャンパスにおける最初の図書館は南北戦争直後に建てられたRich Hallと呼ばれる建物だった(現在は改築され劇場となっている)。オリン記念図書館はMcKim, MeadそしてWhiteの三人によってデザインされ、1925年に着工、28年に大学に寄贈された[23]。学内で二番目に大きな図書館はサイエンスライブラリーであり、25万冊の科学的書物、論文、雑誌、その他刊行物を所蔵している。また、ダビソン芸術センターにはアートライブラリーがある他、学部ごとに小さな図書館が幾つかある[24]

大学運営と資金力[編集]

大学運営にあたっては卒業生等による寄付(エンダウメント)及び生徒から徴収される学費がその主な資金源となっている。

寄付額はその年ごとに変わるものの、年間60万ドル程度[25]である。これは他のリベラルアーツ・カレッジに比べて少なめであり、全米リベラルアーツ・カレッジの中では23位に位置している[26]

寄付額が少ないため学費は比較的高く、寮費食事代を含め2013年度は年間$59,914である[27]。ただ、返済不要の財務援助も充実しており2012-13年には46%の学生が平均して$39,026の支払いを免除されている[28]。また、後述のフリーマン奨学金プログラムも返済不要の奨学金である。

  • 学長:現在の学長であるマイケル・ロスはウェズリアン出身の第16代学長である。人文科学者であり、就任前はカリフォルニア美術大学の第8代学長であった。
  • 教員数:385(うち全員が学部生に対して授業を持っていると同時に研究も行っている。[29]
  • 学部生:2900(男性52% 女性 48%)(白人69%、アジア系8%、アフリカ系7%、ヒスパニック10%など)(8%が留学生)[30]
  • 大学院生:年間200人ほど[31]

フリーマン奨学金プログラム (英:Wesleyan Freeman Asian Scholars Program)[編集]


文化におけるウェズリアン大学[編集]

ウェズリアン大学に関する書籍は30冊以上発刊されているが日本語で書かれたものや、邦訳されているものは数少ない。

また、ウェズリアン大学は、文学、劇場映画、テレビドラマなどにも登場する。ただし、撮影場所には、別の大学のキャンパスが利用されることもある。


著名な卒業生[編集]

主な教員[編集]

その他[編集]

Japan at Wesleyan[編集]

2012年に開設された、ウェズリアン大学に通う日本人生徒が中心となって運営しているブログである。アメリカの大学の学部生活や生徒たちが考えたことを紹介している。米国大学学部に関する数少ないブログのうちの一つである。一週間に数回更新される。

  • 少人数制のため、授業では討論・論文が総合大学と比べ多い。
  • 革新的な校風を持っていることや、総合大学の中でも絵画、音楽、演劇、舞踊、映画作成など芸術に関するプログラムの充実度で知られる。
  • 在学生の半数以上がSAT (大学進学適性試験)で2180点以上を取っており[33]、このスコアはハーバード大学プリンストン大学などのアイビー・リーグに匹敵する。
  • 例年留学生の割合は7~9%程度で、米国内でも高い数字となっている。[34]
  • 留学生はTOEFL iBTでの100点以上のスコアとSAT Reasoning Test 又はACTのスコアの提出が必要。
  • ウェズリアン、ウェスリアン、ウェズリヤン、ウェスリヤンなどの表記の揺れがみられる。

出典・注釈[編集]

  1. ^ Pages 118, 126–130, 135–138, 139, 143, 145 . Books.google.com (12 November 1909). Retrieved on 17 October 2011. Pages 118, 126–130, 135–138, 139, 143, 145]. Books.google.com (12 November 1909). Retrieved on 17 October 2011.
  2. ^ "Chapter 17, "The Wesleyan Story: The Importance of Moral Capitol", Burton R. Clark, pp. 369" (PDF). Retrieved 2012-08-25.
  3. ^ "Education: New Look at Wesleyan". Time. 18 April 1960.
  4. ^ Olin History, Library, Wesleyan University Homepage http://www.wesleyan.edu/libr/collections/olin/olinhistory.html
  5. ^ http://www.wesleyan.edu/usdan/services.html
  6. ^ http://www.wesleyan.edu/usdan/about/renovation.html
  7. ^ Allbritton Center, Wesleyan University Homepage http://www.wesleyan.edu/allbritton/
  8. ^ The Freeman Athletic Center, Wesleyan University Homepage http://www.wesleyan.edu/athletics/deptinfo/facilitiespages/freemanathletic.html
  9. ^ The Values of the Open Curriculum: An Alternative Tradition in Liberal Education. Teagle Foundation "Working Group" White Paper, NCF.edu (upload), pages 23-24 of 112, June 2006. Retrieved 3 November 2011
  10. ^ 2011 Main Statistical Survey – (1424,1,1) Wesleyan University, Question 336 - Independent Study (PDF). Retrieved on 17 October 2011.
  11. ^ "#15 Wesleyan University". Forbes. 11 August 2010.
  12. ^ 2012 Best Colleges, U.S. News and World Report, Wesleyan University Academic Life, Student Participation in Special Academic Programs, Writing in the Disciplines. Retrieved 6 December 201.
  13. ^ Hayes, Jeffrey W., "A History of the College of Social Studies", Honors Theses - All. Paper 593. April 1991. 134 pages, Three Appendices. Archives, 1991. Retrieved 25 December 2011.
  14. ^ Inventory of the Gerald M. Meier Papers, 1928-2003, Duke University Libraries. Collection Overview, Second paragraph, "genesis and growth of the College of Social Studies at Wesleyan University". Contents of Collection, Box S1, Wesleyan University (Middletown, Conn.), College of Social Studies. Retrieved 22 March 2012.
  15. ^ Eric Rich, Wesleyan Professor E. Golob Dies, "Helped establish the College of Social Studies", Hartford Courant, 11 December 1998. Fifth paragraph describes development of CSS program. Retrieved 22 March 2012.
  16. ^ Graduate Studies, Wesleyan University. Retrieved 18 February 2011.
  17. ^ Master of Arts in Liberal Studies, Georgetown University. Second Paragraph. Retrieved 18 February 2011.
  18. ^ Master of Arts in Liberal Studies (MALS), Ramapo College. College Catalog: 2009-2010. Retrieved 13 February 2012.
  19. ^ Master of Arts in Liberal Studies, Georgetown University. Third Paragraph. Retrieved 13 February 2012.
  20. ^ Sidelines: Chuck Pagano, stargazer « ESPN Front Row. Frontrow.espn.go.com (2 October 2011). Retrieved on 17 October 2011.
  21. ^ Library & Museum Information, Wesleyan University. Colleges.usnews.rankingsandreviews.com (31 January 2011). Retrieved on 17 October 2011.
  22. ^ "Olin, Library - Wesleyan University". Wesleyan.edu. Retrieved 2012-12-01.
  23. ^ Historic Buildings of Connecticut » Wesleyan. Historicbuildingsct.com. Retrieved on 17 October 2011.
  24. ^ "Wesleyan University Library Collections. Retrieved 16 November 2011". Wesleyan.edu. Retrieved 2012-08-25.
  25. ^ http://www.usnews.com
  26. ^ http://www.edpolicythoughts.com/2012/01/endowments-of-top-25-liberal-arts.html
  27. ^ http://www.wesleyan.edu/about/profile.html
  28. ^ http://www.wesleyan.edu/about/profile.html
  29. ^ http://www.wesleyan.edu/about/profile.html
  30. ^ http://www.wesleyan.edu/about/profile.html
  31. ^ http://www.wesleyan.edu/about/profile.html
  32. ^ アメリカ留学奨学金制度一覧, 日米教育委員会ホームページ http://www.fulbright.jp/study/res/shokin.html
  33. ^ 2012年度の入学者に関する統計 http://www.wesleyan.edu/admission/facts_faces/class_profile_2016.pdf
  34. ^ http://www.wesleyan.edu/admission/facts_faces/class_profile_2016.pdf


外部リンク[編集]