ウェストサイド・マンハッタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェストサイド・マンハッタン(West Side of Manhattan)は、マンハッタン島ハドソン川ニュージャージー州に接する西側を指す。5番街セントラルパーク、ロウアー・ブロードウェイによって、イーストサイドと分けられる。ウェストサイドの主な地区には、北から南に、ウェスト・ハーレムモーニングサイド・ハイツマンハッタン・バレーアッパー・ウエスト・サイドヘルズ・キッチンチェルシーウェスト・ビレッジソーホートライベッカがある。8番街線ブロードウェイ/7番街線は、ウェスト・サイドの全ての地区を結んでいる。また、主なウェストサイドを南北に走る道路には、北側のヘンリー・ハドソン・パークウェイ、南側のウェストサイド・ハイウェイがある。ハドソン・リバー・グリーンウェイは、島の西海岸でこれらを分割している。

西側から見た、マンハッタン島全土

再開発[編集]

ウェストサイドは、ウェストサイド・スタジアムの計画地となっていた。このスタジアムは、2012年夏季オリンピックのニューヨーク招致のため、計画された。さらに、ニューヨーク・ジェッツをマンハッタンに招致する20億ドルのスタジアム計画も失敗し、現在は、商業施設と住居を統合した再開発計画・ハドソン・ヤーズ再開発プロジェクトが計画されている。

関連項目[編集]

座標: 北緯40度47分17秒 西経73度58分41秒 / 北緯40.788度 西経73.978度 / 40.788; -73.978