ウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・シグナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・シグナル英語: The Westinghouse Brake and Signal Company Ltd)は、1935年にウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・サクスビー・シグナル社 (Westinghouse Brake and Saxby Signal Company) がサクスビーを社名から外して設立された会社である。20世紀の大半の期間を通じて、同社は鉄道空気ブレーキ信号保安設備をイングランドウィルトシャーのチッペナム (Chippenham) で生産していた。工場はチッペナム駅 (Chippenham railway station) のすぐ北に所在していた[1]

前身と背景[編集]

前身企業にはエヴァンズ・オドネル社 (Evans O'Donnell) やサクスビー・アンド・ファーマー社 (Saxby and Farmer) がある[1]。サクスビー・アンド・ファーマーはジョン・サクスビー (John Saxby) とジョン・スティンソン・ファーマー (John Stinson Farmer) により19世紀半ばに鉄道の信号保安設備を製造するために設立された[1]。空気ブレーキはアメリカ合衆国ジョージ・ウェスティングハウスによって1869年特許が取得され、1872年に導入された[要出典]1920年にサクスビー・アンド・ファーマーとエヴァンズ・オドネルは合併してウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・サクスビー・シグナルを設立した。

歴史[編集]

ウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・シグナルはホーカー・シドレーグループの一部であったが、1992年BTRインダストリーズ (BTR Industries) によって買収されて同社の一部となった。1999年にBTRインダストリーズはシーベ (Siebe Gorman) と合併してインベンシス (Invensys) となった。

後継企業[編集]

インベンシスは会社をウェスティングハウス・シグナルズ(Westinghouse Signals、後にウェスティングハウス・レール・システムズ (Westinghouse Rail Systems))とウェスティングハウス・ブレーキ (Westinghouse Brakes Ltd.) に分割して、ウェスティングハウス・ブレーキはドイツミュンヘンに本拠を置く同業者であるクノールブレムゼに売却された[2]

かつてウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・シグナルの一部であったパワーエレクトロニクス用半導体の製造事業を行っているウェストコード (Westcode) は、現在はIXYSグループの一部となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Timeline from Chippenham Town Council website. Retrieved on March 30, 2008.
  2. ^ Invensys investor relations news release, April 25, 2000 Invensys Sells Westinghouse Brakes to Knorr-Bremse インターネット・アーカイブから2008年3月30日取得