ウェイン・ブレイディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェイン・ブレイディ
Wayne Brady
Wayne Brady
本名 ウェイン・アルフォンソ・ブレイディ
Wayne Alphonso Brady
生年月日 1972年6月2日(42歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカコロンバス (ジョージア州)
ジャンル 俳優
コメディアン
脚本家
ゲームショーのホスト
活動期間 1990年 -

ウェイン・ブレイディ(Wayne Brady, 本名: Wayne Alphonso Brady 1972年6月2日 - )はアメリカ合衆国ジョージア州コロンバス出身の俳優脚本家コメディアン・ゲームショーのホストである。

人物[編集]

ジョージア州コロンバスで生まれ[1]、幼少期をフロリダ州オーランドで過ごす。彼は祖母と叔母と一緒に暮らし、母親のことについて話す際は、自分を育ててくれた祖母を指している[2][3]。 16際のとき、地元の劇場でパフォーマンスを始めるようになる。 1998年、イギリスで放送された即興劇の番組であるen:Whose Line Is It Anyway?に出演し、のちにその番組のアメリカ版のレギュラーになる。

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ video Let's Make A Deal, episode May 11, 2010の9:23のところで、ブレイディはジョージア州コロンバスで生まれたと発言している
  2. ^ Brady, Wayne. “A Long Time Coming iTunes Booklet (PDF)”. concordmusicgroup.com. p. 7. 2011年1月11日閲覧。 “My mother, Valerie Petersen, the best mother a guy could have.”
  3. ^ Walker, Nicole (2003-02-10). “Wayne Brady”. Jet 103 (7). オリジナルの2012-07-12時点によるアーカイブ。. http://archive.is/1N1T. ""Brady also credits his 72-year-old grandmother, Valerie Peterson [sic], who reared him and whom he affectionately calls 'Mom,'..."" 

外部リンク[編集]