ウェイン・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェイン・ナイト
Wyane Knight
生年月日 1955年8月7日(59歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカジョージア州
ジャンル 俳優
活動期間 1979年-
配偶者 Paula Sutor (1996年-2002年)

ウェイン・ナイトWayne Knight, 1955年8月7日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州出身の俳優。

来歴[編集]

1955年ジョージア州カーターズヴィルで生まれる。ジョージア大学に在籍して演劇を学び、活動の場をニューヨークへ。1977年に舞台『Gemni』でブロードウェイデビュー。1979年には『ワンダラーズ』の脇役で映画デビューを果たす。後にロンドンへ渡り、エマ・トンプソン主演の舞台にも出演。だが帰国後は仕事に恵まれず、一時期私立探偵をしていたこともあるという。

しかし1980年代後半からは徐々に仕事も増え始め、多くの話題作に出演。特に運命をもたらしたのは『氷の微笑』への出演。劇中の「インタビュー・シーン」での演技がスティーヴン・スピルバーグの目に留まり、話題作『ジュラシック・パーク』の出演に繋がった。なお、ウェインが最初に決まったキャストだったらしい。この映画でウェインは、パークが大混乱に陥る元凶を作り出すネドリーを演じている。

その後も様々なジャンルの映画に出演しており、ケネス・ブラナー監督の『愛と死の間で』では再びエマ・トンプソンと共演している。コミカルな作品にも多く出演しており『ラットレース』ではMr.ビーンことローワン・アトキンソンと絶妙なコンビネーションを見せた。また人気テレビシリーズの『となりのサインフェルド』への出演でも知られていて、ユーモラスな演技を披露している。

声優としても活動しており、『トイ・ストーリー2』(アル・マクウィギン役)、『ターザン』(タントー役)をはじめとするアニメーション映画に出演している。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

劇場版アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

外部リンク[編集]