ウィーン楽友協会合唱団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスタフ・マーラー 交響曲第8番 – ウィーン楽友協会合唱団 – ウィーン少年合唱団シュターツカペレ・ベルリンピエール・ブーレーズ in ウィーン楽友協会の大ホール

ウィーン楽友協会合唱団(ウィーンがくゆうきょうかいがっしょうだん、Wiener Singverein)はウィーン楽友協会の専属アマチュア・コンサート合唱団である。

歴史[編集]

1812年アントニオ・サリエリの主導のもと、王宮の冬期乗馬宮(die Winterreitschule)におけるコンサートで楽友協会のメンバーによるゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオラトリオ演奏会が行われた。そして楽友協会の創立に伴い、協会専属の合唱団として1824年ベートーヴェン交響曲第9番初演に参加した。

1858年、今日では230人の会員からなる楽友協会合唱団が正式に創設された。創立当初はヨハン・ヘルベックヨハネス・ブラームスが主導した。

この創立150周年の歴史を持つ合唱団はこれまでに数々の著名指揮者、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン交響楽団など、さまざまな世界的オーケストラと共演してきた。そして、ヨハネス・ブラームスのドイツ・レクイエムアントン・ブルックナーテ・デウムグスタフ・マーラー交響曲第8番などの数多くの世界初演を行った。

1947年から1989年まではヘルベルト・フォン・カラヤンの元で合唱団としての明確な個性を創り上げていった。

日本におけるコンサートや小澤征爾大植英次など、日本人指揮者、オーケストラとの共演もある。 これまでの来日公演は1979年東京そして2009年大阪がある。大阪では現在の合唱団指導者であるヨハネス・プリンツ指揮による天地創造 (ハイドン)、そして大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団演奏によるブラームスのドイツレクイエムを行った。

入団試験には簡単なオーディションがある。

外部リンク[編集]

文献(ドイツ語)[編集]

Notes[編集]

  1. ^ L. v. Beethoven: Neunte Sinfonie, Finale: Freude schöner Götterfunken, Wiener Philharmoniker, Christian Thielemann. DVD – April 2010.