ウィーン少年合唱団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィーン少年合唱団

ウィーン少年合唱団Wiener Sängerknaben)は、1498年に神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世が、宮廷礼拝堂少年聖歌隊として創設した少年合唱団である。原型はインスブルックヴィルテン少年合唱団で、マクシミリアン1世がウィーンでの新宮廷礼拝堂少年聖歌隊設立の際に、ヴィルテン少年合唱団のメンバーをウィーンに連れてきたものである。

活動[編集]

宮廷少年聖歌隊の20人ほどの少年たちの主な任務は、宮廷音楽隊の一員として礼拝堂でのミサ曲の演奏にあった。1918年第一次世界大戦終結とともにオーストリア=ハンガリー二重帝国が瓦解すると、庇護者はいなくなり少年聖歌隊は1度自宅に帰されてしまうが、1921年、経営手腕を買われ宮廷音楽隊の総長に任命されたヨーゼフ・シュニット神父が、伝統ある団体の維持に乗り出した。古い宮廷少年聖歌隊は1924年に「ウィーン少年合唱団」として公式に団体として創設され、今日まで専門的な音楽活動が強化されている。合唱団は私立の全寮制学校の形をとり、1948年以降は練習場および寄宿舎、学校として、ウィーンアウガルテン宮殿内が利用されている。

団員数は約100。団員達は、演奏会用に約25人ずつ「モーツァルト」「シューベルト(元宮廷少年聖歌隊員)」「ハイドン(元シュテファン寺院少年聖歌隊員で、たびたび宮廷少年聖歌隊と共演)」「ブルックナー(元歌唱指導者)」という、団やウィーンと所縁のある作曲家の名前が付けられた4つのグループに分けられ、各グループは年に11週間の演奏旅行に出かけ、世界各地で1グループが約80回の公演をこなしている。どれか1つのグループは必ず演奏旅行に出かけているので、3つのグループが学校に残っていて授業を受けている。毎週日曜日に行われる王宮礼拝堂でのミサでは、これら3つのグループのうちの1グループが歌うことになっている。3つのグループが毎週順番に歌うため、1つのグループは3週間ごとに王宮礼拝堂で歌うことになる。

パート(声部)はソプラノアルトのみで、声変わりやギムナジウム卒業の14歳となると退団する。「天使の歌声」のイメージを維持するためである。この厳格さが影響し、競争率は1960年代には16倍だったのが、現在は2~3倍となっている[1]

少年たちは早くから堅実な音楽教育を受け、ほとんどの場合その後の人生に重大な影響を受けている。そのため、彼らの多くが職業音楽家として活躍するようになった。1952年には、男声合唱団コルス・ヴィエネンシス(Chorus Viennensis)が創設された。そこでは専ら、かつてのウィーン少年合唱団員が活動し、たびたび団とも共演する。しかし現在は音楽関係の仕事に就くのは2割程度だという[1]

日本では、2000年公開の同作品の映画『ドラえもん のび太の太陽王伝説』ではオープニングテーマ『ドラえもんのうた』を歌う。2008年8月から9月にかけて『ピタゴラスイッチ』(NHK)に登場し、いつもここからと『アルゴリズムこうしん』に参加。来日したメンバーのうち指揮者と一部メンバーが実際に行進に参加し、残りがこうしんの歌を歌唱する(練習バージョン「ひとりでこうしん」では、いつもここからがこうしんの歌を歌唱する。)。また毎年4月下旬に来日するがその際、「今年の歌」という演目一曲を一般から公募(前年の12月頃)し、事前に投票で決めている。(2014年は荒井由実の『ひこうき雲』)

題材となった映画[編集]

いずれも日本公開のもの。

その他[編集]

2010年3月12日、1960年代(上記、志願者最盛期)から1980年代にかけて、当時指導者の立場にあった職員や上級団員による性的虐待(同性愛行為)がされていた疑惑が発覚。団側は即座にホットラインを設け、情報提供を呼びかけている[2]。2010年3月31日現在、11人の元団員からの連絡があったものの、いずれも「当時はあまりにも厳格な教育が行われていた」という内容であり、性的虐待についての報告はされていない。

2012年12月、専用の劇場が完成。初日にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏に合わせ、ミサ曲などを披露した[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]