ウィーン学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィーン学派(独:Wiener Schule)とは、オーストリアの首都ウィーンで繰り広げられた学問・芸術・文化などの何らかのグループ的な活動あるいは、何らかの相似点の持った一派のことを指す。学問の場合は、多くウィーン大学が中心となって繰り広げられた。

  1. 哲学において。ウィーン学団とも呼ばれている。→ウィーン学団(Wiener Kreis)
  2. 心理学において。フロイトによる精神分析学の創設に関わった人々を指す。
  3. 経済学において。オーストリア学派とも呼ばれている。
  4. 民族学において。シュミットが先導した。→ウィーン学派 (民族学)
  5. 法律学において。→ウィーン学派 (法律)
  6. 美術史において。→ウィーン学派 (美術史)
  7. 医学において。→ウィーン学派 (医学)
  8. 生物学において。進化システム理論について功績。
  9. 神学において。カトリックの聖職者を養成する神学(司牧神学)の一派。
  10. 絵画において。日本では、ウィーン幻想派と呼ばれている。
  11. 音楽において。ウィーン楽派とも呼ばれる。→新ウィーン楽派ウィーン楽派

関連項目[編集]