ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス(Concentus Musicus Wien)は、オーストリアウィーンを拠点する古楽器オーケストラである。

1953年にニコラウス・アーノンクールとその妻アリス・アーノンクールを中心としたウィーン交響楽団のメンバーによって設立。初の公開コンサートは1957年に行われた。活動当初はバロック音楽が主なレパートリーで古楽研究の成果を披露するという意味合いが強かったが、次第に活動範囲を広げて、現在はハイドンモーツァルトの交響曲にも取り組んでいる。またしばしばアルノルト・シェーンベルク合唱団と共演している。

代表的なレコーディングは、モンテヴェルディのオペラやグスタフ・レオンハルトと共同して取り組んだバッハカンタータ全曲集、バッハの宗教曲、モーツァルトの初期交響曲集や宗教作品全集などがある。

外部リンク[編集]