ウィンブルドン・パーク駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィンブルドン・パーク駅
Wimbledon Park station
Wimbledon Park stn building.JPG
ウィンブルドン・パーク駅の位置(グレーター・ロンドン内)
ウィンブルドン・パーク駅
ウィンブルドン・パーク駅
グレーター・ロンドン内におけるウィンブルドン・パーク駅の位置
位置
所在地 ウィンブルドン・パーク
北緯51度26分02秒 西経0度12分00秒 / 北緯51.434度 西経0.200度 / 51.434; -0.200
行政区 マートン・ロンドン特別区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
路線 ディストリクト線
駅構造 地上駅
ホーム数 2
ゾーン 3
地下鉄年間乗降員数
2005年 1.76百万人[1]
2007年 2.074百万人[1]
歴史
1889年 (1889)
1941年
開業(MDRとL&SWR)
廃止(サザン鉄道)

座標: 北緯51度26分02秒 西経0度12分00秒 / 北緯51.434度 西経0.200度 / 51.434; -0.200

ウィンブルドン・パーク駅英語: Wimbledon Park station)は、ロンドンウィンブルドンにあるロンドン地下鉄の駅である。ディストリクト線ウィンブルドン支線にある、島式ホーム1面2線の地上駅で、トラベルカード・ゾーン3に属する。

テニスの四大大会として世界的に有名なウィンブルドン選手権が開催されるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブの最寄り駅のひとつでもある。

当駅は、ウィンブルドン公園の東側、Arthur Road closeのMelrose Roadとの交差点に近く、Durnsford Road(国道A218号線)の200mほど西にある。

歴史[編集]

この駅は1889年6月3日パットニー・ブリッジ駅からウィンブルドン駅までの路線が開業した際に、メトロポリタン・ディストリクト鉄道(Metropoltian District Railway、略称MDR、現在のディストリクト線)が開業した。 この路線自体はロンドン&サウスウエスタン鉄道(L&SWR)によって建設されたもので、1889年7月1日よりL&SWRの列車は接続駅のイースト・パットニー駅を経由してBarnes線のクラパムジャンクション駅まで運行するようになった。

当駅を含む、パットニー・ブリッジ駅からウィンブルドン駅までの区間はロンドン地下鉄において蒸気機関車から電車へ転換された最後の区間となった。電車運行は1905年8月27日に開始された。

サザン鉄道(L&SWRを継承した鉄道会社)によるウィンブルドン・パーク駅を通る列車の運行は1941年5月4日に終了したが、路線の所有権は1994年4月1日にロンドン地下鉄へ移管されるまで(さらにそれを継承した)ナショナル・レールに残っており、移管の時までこの駅にはナショナル・レールの駅名標が掲げられていた。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ディストリクト線
ウィンブルドン支線
ウィンブルドン駅 - ウィンブルドン・パーク駅 - サウスフィールズ駅

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update

外部リンク[編集]

出典[編集]