ウィレム・デ・クーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィレム・デ・クーニングWillem de Kooning, 1904年4月24日 - 1997年3月19日)は、20世紀オランダ出身の画家。主にアメリカで活動した。抽象表現主義の画家で、具象とも抽象ともつかない表現と激しい筆触が特色である。

デ・クーニングは、ジャクソン・ポロックと並ぶ「アクション・ペインティング」の代表的作家であり、抽象表現主義の創始者の一人として、20世紀美術史の上に重要な位置を占める。

経歴・活動[編集]

1904年、オランダのロッテルダムに生まれた。青年期は商業美術の会社で働くかたわら、ロッテルダム美術工業学校の夜学で学んだ。オランダ時代にはモンドリアンらの「デ・ステイル」運動に接している。

1926年渡米。以後、アメリカで活動する。1927年頃、アルメニアから来た画家、アーシル・ゴーキーと知り合い、影響を受けた。デ・クーニングは、1930年代半ばまでは、商業美術の仕事で生計を立てていた。また、ポロックマーク・ロスコら他の抽象画家たちとともに、WPA(公共事業促進局)の連邦美術計画の仕事にも携わった。連邦美術計画とは、ニュー・ディール政策の一環として、画家たちに公共建築の壁画の制作等を委嘱したものである。1948年、ニューヨークのイーガン画廊で初の個展を開催して、ノースカロライナのブラック・マウンテン・カレッジ英語版で教えた。

デ・クーニングは、1940年代頃からは人物表現に関心を寄せ始める。1950年代初期から始まった「女」のシリーズがよく知られている。ポロックの「ドリッピング」(絵具をしたたらせる)絵画とは異なり、デ・クーニングの描く「女」はキャンバスに筆で描いたものであるが、感情のおもむくままに筆を走らせたように見える画面は、ほとんど抽象に近付いている。その後、画面から具体的なイメージを排した抽象的な作品を描いていた時期もあるが、1960年代後半から再び「女」のテーマに取り組んでいる。

代表作[編集]

  • 発掘(1950)(シカゴ・アート・インスティテュート)
  • 女と自転車(1952-53)(ニューヨーク、ホイットニー美術館

関連項目[編集]