ウィル・ゲニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィル・ゲニアWill Genia 1988年1月17日 - )は 、パプアニューギニア出身のラグビー選手。ポジションはスクラムハーフ

人物[編集]

1988年1月17日、ポートモレスビーで生まれる。
身長174cm、体重85kg。

父のキルロイ・ゲニア(Kilroy Genia)は元パプアニューギニア国会議員で大臣を歴任。兄のフランシス(Francis)はラグビー選手で、パプアニューギニア代表。弟のナイジェル(Nigel)もラグビー選手で、クイーンズランド州の高校代表、ラグビーオーストラリア20歳以下代表に選出される。

キャリア[編集]

ブリスベン・ボーイズ・カレッジ卒業、カレッジのラグビークラブのチームメイトにジェームズ・ホーウィルがいた。カレッジ在学中、クイーンズランド州のセカンダリースクール(中高一貫システム校)選抜チームに入り、さらに高校代表(SchoolBoys)にも選出される。

2007年、スーパー14(現スーパーラグビー)のレッズに入る。同じポジションのサム・コーディングリー(Sam Cordingley)やベン・ルーカス(Ben Lucas)らとポジション争いをし、やがてレギュラーに定着する。

2009年ワラビーズに選出、トライネイションズオールブラックス戦で代表デビュー。同年の欧州遠征、11月7日のイングランド戦ではマンオブザマッチ(Man of the match)の活躍を見せる。

2010年、レッズのキャプテンに就任。シーズン終了後、チームメイト間の投票によりPlayer of the yearを、ファン投票によりplayer of the year winning the People's Choice awardを受賞。

2011年、スーパーラグビーでレッズ初優勝に貢献し、オーストラリア国内ラグビー記者の投票によりAustralian Super Rugby Player of the Yearを受賞。

その他[編集]

ゲニアは多くの評論家から同じポジションの元ワラビーズ、ジョージ・グレーガンと比較されている。
現役ワラビーズの中でも最強パワーの持ち主で、ベンチプレスは172kgを持ち上げる。

リンク[編集]