ウィルマ・ゴイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィルマ・ゴイク (Wilma Goich, 1945年10月16日 -)はイタリアポップス歌手。クロアチア民族の血を引き、名前の正確な発音はウィルマ・ゴイチとなる。

略歴[編集]

リグーリア州サヴォーナ県カイロ・モンテノッテに生まれる。1964年にデビューし、バルセロナで行われた地中海フェスティヴァルに参加、ルイジ・テンコ作曲の「Ho capito che ti amo 愛のめざめ」で優勝した。1965年からサンレモ音楽祭に参加し「Le colline sono in fiore 花咲く丘に涙して」で入賞。1966年の入賞曲「In un fiore 花のささやき」は日本のチャートでも上位にランクされ、ジリオラ・チンクエッティボビー・ソロ等と日本のカンツォーネ・ブームを担った。その後も1967年「Per vedere quanto è grande il mondo 夢の誓い」、1968年「Gli occhi miei ささやく瞳」、1969年「Baci baci baci バーチ・バーチ・バーチ」でサンレモ音楽祭に出場し、1994年にはこの音楽祭のために結成されたグループ、Squadra Italiaとしてイタリアの古い楽曲を歌っている。その他のヒット曲として1967年の「夏のディスク・フェスティヴァル」で第3位となった、ルイジ・テンコの遺作「Se stasera sono qui 夜の想い」等がある。1965年シンガー・ソングライターのエドアルド・ヴィアネッロと結婚し、1970年代には彼とのデュオで成功を収めたが、その後に離婚。

主な楽曲[編集]

  • 1964年: Dopo il sole pioverà(かなしい雨が降る)
  • 1964年: Quando piangi(私のために涙して)
  • 1964年: Ho capito che ti amo(愛のめざめ)
  • 1965年: Le colline sono in fiore (amore ritorna)(花咲く丘に涙して)
  • 1965年: L'amore al mare(恋の浜辺)
  • 1965年: Un bacio sulle dita(指先のキッス)
  • 1966年: In un fiore(花のささやき)
  • 1966年: Attenti all'amore(恋に御用心)
  • 1966年: Occhi innamorati(あこがれの瞳)
  • 1967年: Per vedere quanto è grande il mondo(夢の誓い)
  • 1967年: Se stasera sono qui(夜の想い)
  • 1967年: Se c'è una stella(星があるなら)
  • 1968年: Gli occhi miei(ささやく瞳)
  • 1968年: Finalmente(しあわせのおとずれ)
  • 1968年: Tu cuore mio
  • 1969年: Baci, baci, baci(バーチ・バーチ・バーチ)
  • 1969年: Casatschok
  • 1970年: ...e fuori tanta neve
  • 1971年: L'uomo ferito
  • 1981年: Allora prendi e vai
  • 1981年: Bambina libera(自由な女の子)