ウィルソン・ベントレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルソン・アルウィン・ベントレー
ベントレーによって撮られた写真。

ウィルソン・アルウィン・ベントレー(Wilson Alwyn Bentley、1865年2月9日 - 1931年12月23日)はアメリカ合衆国アマチュア研究家。雪の結晶の写真家として知られる。

バーモント州ジェリコー(Jericho)に農夫の子として生まれた。学校教育としてはジェリコーの公民学校を出ただけであった。15歳のときに、母が顕微鏡を通して見せた雪の結晶に魅了され、以後最期まで、農業のかたわら雪の結晶の写真を撮り続けた。雪の研究のために撮影された写真は5000枚を超え、亡くなる直前、アメリカ気象学会の会長ウィリアム・ジャクソン・ハンフリースw:William Jackson Humphreys)の尽力で、1931年の秋、マック・グロービル社から『雪の結晶(Snow Crystals)』として出版された。生涯独身であった。

その生涯を絵本化した『雪の写真家ベントレー』は1999年度のコールデコット賞を受賞している。

関連項目[編集]