ウィルソン・パラシオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルソン・パラシオス Football pictogram.svg
Wilson Palacios National Team.jpg
名前
本名 ウィルソン・ロベルト・パラシオス・スアソ
Wilson Roberto Palacios Suazo
ラテン文字 Wilson PALACIOS
基本情報
国籍 ホンジュラスの旗 ホンジュラス
生年月日 1984年7月29日(29歳)
出身地 ラ・セイバ
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ストーク・シティFC
ポジション MF (DH)
背番号 8
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2008
2007-2008.1
2008.1-2009.1
2009.1-2011
2011-
ホンジュラスの旗 CDオリンピア
イングランドの旗 バーミンガム・シティFC
イングランドの旗 ウィガン・アスレティック
イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー
イングランドの旗 ストーク・シティFC
102 (32)
7 (0)
37 (0)
65 (1)
0 (0)
代表歴2
2003- ホンジュラスの旗 ホンジュラス 88 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年9月2日現在。
2. 2013年9月10日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ウィルソン・ロベルト・パラシオス・スアソ(Wilson Roberto Palacios Suazo, 1984年7月29日 - )は、ホンジュラスラ・セイバ出身のサッカー選手ホンジュラス代表イングランドプレミアリーグストーク・シティFC所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

2007年8月31日イングランドバーミンガム・シティへ6ヶ月契約でレンタル移籍し、9月22日アンフィールドでのリヴァプールFC戦でデビューした。

2008年1月11日、移籍金なしでウィガン・アスレティックに移籍した。翌日のダービー・カウンティFC戦でデビューし、その活躍はマンチェスター・ユナイテッドFC、リヴァプールFC、バイエルン・ミュンヘンレアル・マドリードCFなどのビッグクラブから興味を示されるほどだった[1] [2] [3]

一時はニューカッスル・ユナイテッドへの移籍が内定していたが、2009年1月21日トッテナム・ホットスパーFCへ移籍した。移籍金は1200万ポンド、契約期間は5年半であった。1月31日ボルトン・ワンダラーズFC戦でデビューし、彼のシュートのこぼれ球をダレン・ベントが決めて2点目に貢献した[4]。2戦目のアーセナルとのダービーマッチではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた。8月19日ハル・シティAFC戦ではロビー・キーンがスルーしたボールをシュートし、移籍後初ゴールを決めた。得点後には天に向かって指を指し、同年5月に亡くなった弟(後述)に祈りを捧げた。

2011年8月31日ピーター・クラウチとともにストーク・シティFCへ4年契約で完全移籍。

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 バーミンガム・シティFC (Loan) 2007-2008

タイトル[編集]

ホンジュラスの旗 CDオリンピア
  • リーグ:5回
    • 2002-03アペルトゥーラ, 2003-04クラウスーラ, 2004-05クラウスーラ, 2005-06アペルトゥーラ, 2005-06クラウスーラ
イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFC
  • バークレイズ・アジア・トロフィー:1回
    • 2009

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Goal.com (2008年1月15日). “Manchester United Back In For Wilson Palacios?”. 2009年12月13日閲覧。
  2. ^ Goal.com (2008年1月20日). “Wilson Palacios Joins Tottenham Hotspur - Reports”. 2009年12月13日閲覧。
  3. ^ Mirror (2008年8月22日). “Steve Bruce warns Liverpool off a swoop for Wilson Palacios”. 2009年12月13日閲覧。
  4. ^ BBC Sport (2009年1月31日). “Bolton 3-2 Tottenham”. 2009年12月13日閲覧。
  5. ^ ロイター (2009年5月10日). “サッカー=ホンジュラス代表パラシオス、弟殺害の悲報受け帰国へ”. 2009年9月20日閲覧。